<この記事を要約すると>

  • パナソニックが高齢者向けの歩行トレーニングロボットを開発
  • 歩行距離や速度がアップする利用者が続出。認知症の症状緩和にも効果
  • 介護施設などで人気の理由は工夫を凝らした「歩きたくなる」仕掛け
  • 少子高齢化社会の課題解決に向け、ロボットの可能性を広げるものとしても注目

介護の必要がなく、健康的に日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」。2019年の平均寿命と健康寿命との差は男性で約9年、女性で約12年あり、この差をいかに短くするかは、超高齢化社会の大きな社会課題だ。その課題解決に向けパナソニックが5年以上かけて開発した「ウォーク・トレーニング・ロボ(Walk training robo)」は機能面でもデザイン面でもこれまでになかった画期的な製品として脚光を浴びている。介護予防の第一歩と言われる「歩くこと」へのモチベーションを高め、押して歩くだけで一人ひとりに合わせた最適なトレーニングを提供するロボットは、何がそれほどすごいのか――。

1㎞以上歩く利用者が続出 高齢者が“はまる”楽しさ

2021年7月から「ウォーク・トレーニング・ロボ」を2台利用している介護老人保健施設なんな苑(千葉県市原市)。病院と家庭をつなぐ中間施設として、約100名の入所者に加えショートステイやデイケアも受け入れている同苑では、この歩行トレーニングロボットを使って1㎞以上歩く人が続出している。

「高齢者の方は、わりと新しいものが好きなんです。面白そうだなと思い導入させていただいたら、予想以上に“はまる”方が多かった。みなさん取り合うように自発的に歩いていらっしゃいます」。同施設でリハビリテーションを統括している理学療法士の飯吉裕樹氏はロボットの人気ぶりについて、こう話す。

認知症ライフパートナー
認知症サポーター
修士(工学)
理学療法士
飯吉 裕樹 氏

運動機能の低下を防ぐ歩行訓練は約60mの回廊を使って行っているため、1㎞以上となると何十周も歩くことになる。何もないとなかなか歩けない距離だが、ロボットを使うと、目標設定できる最大値の1.2㎞を歩いてしまう人も増えているという。汗をかき、息をつきながら充実した様子でトレーニングを終える人も多いそうだ。

「ウォーク・トレーニング・ロボ」は、使用前に利用者がタッチパネル画面の一覧から名前を選択するか、IDカードをかざしてログインするだけで、その人に合った最適なハンドルの高さや運動負荷が自動で設定され、すぐに運動を始めることができる。さらに、押して歩くだけで歩行スピードや時間、距離、歩行姿勢(左右のバランスの傾き)が計測・記録され、リアルタイムで画面上に表示されるのも工夫の一つ。利用者のモチベーションアップにつながるよう、歩行中はランダムに軽快な音楽が流れる。

パナソニック独自のAIやロボット技術を用いて開発された「ウォーク・トレーニング・ロボ」

「リアルタイムに歩行データが表示されるディスプレイがあって、音楽も流れる、かわいいデザインのものを押して歩いていると目立つんです。その視覚的な効果は絶大なものがありますね。利用者自身もどんどん気持ちが乗っていって、あれよあれよという感じで歩行距離を伸ばしていきますし、その姿を見て『私もやってみようかな』と始める人も多いです」と飯吉氏。

時間の経過とともにあまり使われなくなる機器もある中、このロボットに関しては導入から半年以上たつ今も飽きられる様子はない。ロボットを使って歩くために継続して施設に来る人もいるほどだ。その結果、もともと歩けていた人は歩行距離や歩行スピードが伸びている。パーキンソン病などでほとんど歩けなかったり、普段は車椅子で生活していたりする人でも約60mの回廊を1周、2周と歩けるようになった事例が出ているという。

「ウォーク・トレーニング・ロボ」の機能紹介、デモ映像

リアルタイムで歩行データを蓄積し、最適な負荷をAIが提案

ロボットにはセンサーが搭載され、ハンドルにかかる力や車輪の回転情報などをセンシング。これらの情報を含めた歩行のデータがクラウドに保存、蓄積され、データを基にAIが一人ひとりに最適な負荷や目標距離、時間の補正を行ってくれるのも大きな特徴だ。データは施設スタッフがパソコンなどから確認でき、ハンドルの高さや負荷、目標設定を編集することができる。また、トレーニングの記録はグラフ化して出力することも可能。これまでスタッフが手書きで行っていた報告書の作成も簡単に行えるため、スタッフの負担軽減にもなる。

運動負荷については、画面上でも押す時の負荷が「なし」から、「かなり重い」まで5段階で調節可能だ。実はある程度の負荷がかかることが支えになり、安全に歩ける効果もあるという。引く時の負荷もON・OFFが設定でき、負荷をかけることでバランスを保ちやすく、転倒予防にもなる。開発段階から付き添いなしでも安全に訓練を行えることにこだわっており、パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格ISO13482を取得している。

飯吉氏は歩行データが蓄積されていくことも高く評価する。「過去のデータもすべてクラウドから上がってくるので、後から分析することができるのが非常に有り難い。これまで写真や動画を撮影して動作分析をしなければ分からなかったことも、データからある程度読み取れますから」。例えばハンドルの傾きのデータの乱れによって、その人の疲労のタイミングが分かる。過去と比較して疲労が現れる時間が遅くなれば、その分筋力がついたということだ。また、撮影されると緊張して普段通りの訓練ができない人も多いため、自然な状態で取れるデータは非常に貴重だという。

「ウォーク・トレーニング・ロボ」の技術概要

「訓練の成果が目に見えて分かるため、ご本人が喜ばれるのはもちろん、リハビリの専門家ではない主治医や看護師、ケアマネージャーらにも分かりやすく状況を伝えられ、よりきめ細かいケアにつなげられます」と飯吉氏。リアルタイムのデータを見ながら負荷を変えることで利用者に押し込みの感覚を実感させたり、ハンドルの高さを変えることで肩周りの筋肉も鍛えたり、「使い方のアイデア次第で効果的なリハビリを工夫できる」と目を細める。