昭和の名曲『石狩挽歌』。この歌を聞き、かつてのニシン漁の盛況ぶりを想像したことがあるという人は少なくないだろう。ニシン漁の最古の記録は15世紀半ばまでさかのぼる。明治の最盛期には年間100万トン近くの水揚げを誇り、北海道を代表する産業となった。道西各地に残る「鰊(ニシン)御殿」はその名残でもある。しかし、それも遙か昔の話。ニシンは1897年(明治30年)をピークに年々その量を減らし、ある時からほとんど姿を消す。1950年代半ばには「幻の魚」と呼ばれるほどに衰えた。1990年代後半からの数年は年間で2000〜3000トンレベルにまで落ち込み、本気で資源の枯渇が心配された。ところが、ここに来て、水揚げ量がじりじりと増えてきている。幻の魚がいま、なぜ北海道で増え始めているのか。そして、今後どうなるのか。前・後編の2回にわたるレポートの2回目では、漁業の現場や水産資源の研究者への取材を通して、幻の魚を取り巻く水産業と地域経済の行く末を見る。

(ニシンの水揚げ量増加の理由を追った前編はこちら

石狩地区ではニシン漁が水産業の一つの柱に

石狩湾地域でニシン漁を積極的に推進してきた石狩湾漁業協同組合(石狩湾漁協)に話を聞いてみた。

同組合ではニシン漁が秋鮭漁と並ぶ二本柱の一つになっている。同組合のニシン水揚げ量は、90年代半ばには年間で1~4トンのレベルにすぎなかったが、現在ではコンスタントに1000トンを越えるようになっている。年間売上高は、ニシンの買い上げ単価に影響されるが、この10年ほどは平均で4億円程度になっている。1760トンの最高記録を達成した2018年度は6億3500万円ほどにもなった。ニシン漁では北海道を代表する漁協と言ってもいい。

同組合専務理事で、この地域の稚魚放流とニシン漁の拡大に主導的な役割を果たしてきた和田郁夫さんは、「おかげさまで、うちの漁協の漁獲高は年間1000トンレベルを継続できるような状況になっています。かつて1~3月は漁業者が別の仕事をしていたわけで、資源管理をしてきたことの結果が出ていると考えています」と語る。

石狩湾漁業協同組合(石狩湾漁協)の和田郁夫専務理事。ニシン稚魚放流とこの地域のニシン漁拡大に主導的な役割を果たしてきた(写真:高山和良)
石狩湾漁協のニシンの水揚げ推移(石狩湾漁協提供のデータから作成)

古くからニシン漁で栄えた小樽市高島で漁業を営む成田学さんもニシンの手応えを感じている一人だ。

「いろんなところで群来が起こっているという感触はある。初めて獲れたのは2004年、目の前の浜で100キロぐらい網にかかって大騒ぎになった。最初はうちだけだったけど、この辺の人はみんなニシンを獲るようになった。うちは蛸とニシンとウニとシャコ、コウナゴなんかもやってますが、1月から3月まではもともと何もなかったんで、かなりあてにしているというか、当たり前になってますね」と語る。

小樽市高島で漁業を営む成田学さん。代々、小樽で漁業に携わってきた。「ニシンはおれらを煽ってくる魚なんだよね」と笑う(写真:高山和良)

単価の影響を大きく受ける

このようにニシン漁の現場は、毎年の水揚げから資源が着実に増えていることを実感している。ただ、年によって相場が大きく変わるニシンの単価は悩みの種だ。あまりたくさん獲れすぎても値崩れを起こす。またニシンの場合、数の子の原料となる雌の卵巣が成熟しているかどうかによって、その単価が大きく変わってくる。

漁期の最初の頃に、まだ卵巣がまだ十分成熟していない「未熟な」状態の魚が大量に出てしまうと、それによってスタートの単価が下がってしまう。石狩湾漁協の和田専務は、「その年の単価がいちど下がってしまうと、それで後が決まってしまう。後になって、完熟した魚が獲れるようになっても値段は戻ってくれない」と市場の動きに頭を悩ませる。

続けて、「今年の水揚げは、1300トンくらいで、数量的には特段少ないわけではないんですが、キロ単価が昨年より100円安かったので、計画していた売り上げは達成できていません。うちはニシンと秋鮭をメインにしているものですから、どっちかがダメだと赤字になってしまう」と苦しい胸の内を明かす。

小樽市の成田さんも「腹が熟していないニシンを獲ってしまってキロ単価が安くなると、4トン獲っても純利益が2万円なんてこともある」と苦笑する。

漁期始めのころの魚を“はしり”と呼ぶが、はしりには高値が付くのでそこを狙いに行く漁師もいる。しかし、そのはしりの魚が大量に獲れてしまったり、熟度が低かったりすれば思ったほどの値が付かないということにもなる。

漁の現場では単価のことにも気を配りながら、ニシンの熟度を予想しつついつ獲るべきかを考えて船を出す。しかし、そこは自然が相手ということもあり、条件が揃えば予想を超えて獲れてしまうこともある。「実際、揚がるようになったら何十トンも揚がるんです。一日で」と和田さん。

こうした漁業経営上の難しさはあるものの、石狩市、小樽市といったニシン漁が復活してきた漁業の現場では、漁業経営に欠かせない主要な魚種の一つに育ってきていることは間違いない。