「農」や「食」を核に社会課題の解決を目指すテーマパークが注目を集めている。口火を切ったのは食品大手のカゴメだ。2019年4月、長野県富士見町に「カゴメ野菜生活ファーム富士見」を開業した。同年11月にはミュージシャンの小林武史氏がプロデュースした「クルックフィールズ」が千葉県木更津市に開園。さらに2021年3月には外食のワタミが「ワタミオーガニックランド」を岩手県陸前高田市にオープンする予定で準備を進めている。SDGs(持続可能な開発目標)の実現が求められている今、これらのテーマパークがどのように社会課題を解決しようとしているのかを見ていく。(全2回)

エントランス方向から見た「カゴメ野菜生活ファーム富士見」。カゴメが主力野菜ジュース工場の「富士見工場」を置く長野県諏訪郡富士見町に2019年4月に開業した。東に八ヶ岳を望み、西には南アルプス北端の入笠山がすぐそばまで迫る。開園時期は4月から11月までの8カ月。12月から3月までの冬期は閉園となる(写真:高山和良)

3つのテーマパークはどれも単なる娯楽的な施設ではない。「農」と「食」を核に据え、地域や農業の再生、環境保護など、様々な社会課題の解決を目指す。来園者はテーマパークでの体験を楽しみながら「農」と「食」のつながりを実感し、畑でどう作物が育つのか、美味しく身体に優しく環境にいい食とは何かを知る。テーマパークのあちこちに、地域振興や農業再生、環境保護といったサステナブルな社会の在り方を意識させる仕掛けが施されている。まさしくSDGs時代の新しいテーマパークだと言っていいだろう。

八ヶ岳を望む、野菜のテーマパーク「カゴメ野菜生活ファーム富士見」

こうした動きの先駆けとなったのが昨年4月に長野県富士見町にオープンした野菜のテーマパーク、カゴメ野菜生活ファーム富士見だ。同ファームの河津佳子(かわづよしこ)代表取締役社長は、この場所を「社会課題の解決の場であり、カゴメのファンづくりの拠点という2つの課題を担うもの」と位置づける。

同ファームのサイトには、解決したい課題として「健康寿命の延伸」「農業の成長産業化」「富士見町の活性化」の3つが明記されている。このファームは、こうした社会課題の解決をしながら、同時にカゴメのPRやマーケティング的なメリットをもたらす2つの役割を期待されている。

カゴメ野菜生活ファーム株式会社代表取締役社長の河津佳子さん。カゴメで広報・広告を統括するメディアコミュニケーション部長、財務経理部 IRグループ部長などを歴任し、2019年4月から現職。構想段階から広報の責任者としてプロジェクトに関わってきた。ファンづくりの場でもあるこのファームについては「広報やPRの仕事をやってきたバックグラウンドがある私としてはいろいろな経験が生かせるということで、大きなやり甲斐を持って取り組んでいます」と河津さん。「この雄大な自然がすぐそばにある富士見は本当にいいところですよ」とほほえむ(写真:高山和良)

企業と地域行政・住民が一体となって取り組んだ成果

同ファームの事業構想は2013年にさかのぼる。農家の高齢化や後継者不足による遊休農地拡大という問題に悩む富士見町と、同町に野菜ジュースの主力工場「富士見工場」を持ち、地域のために何ができるかと考えるカゴメが手を結び、協力して地域発展のプランを具体化することになった。両者は2016年に「地域振興協定」を締結、密接に協力しながらプロジェクト実現に注力してきた。

河津社長はその過程をこう振り返る。「この地域にあった10ヘクタール以上にもなる遊休水田耕作地を畑や菜園としてよみがえらせ、そこに観光を付け加えることで地域振興になるということがそもそものスタートでした。地権者の方、富士見町、長野県の行政のお力を借りながら基盤整備を進め、課題を一つひとつクリアして実現してきました」。

こうして、構想スタートから6年目の昨年、4月に農業・工業・観光が一体となった野菜のテーマパーク、カゴメ野菜生活ファーム富士見が開業した。

河津さんは続ける。「ここでは、農業、工業、観光の三つそれぞれが事業体になっています。農業に関してはカゴメが40%以上出資して地元の方と協同で設立した農業法人八ヶ岳みらい菜園が担っています。工業の部分はカゴメ富士見工場、そして私が代表しているカゴメ野菜生活ファームで観光の部分を担っています。その3つが互いに連携して訪れるお客様に野菜の美味しさ楽しさ、地域の魅力をお届けしています」

「カゴメ野菜生活ファーム富士見」。上の写真では、レストランの屋外席の向こうに、畑が広がり、その先には「八ヶ岳みらい菜園」のトマト栽培ハウス、さらにその先には生産ラインを整備中の「カゴメ富士見工場」が見える。右手奥には雲に隠れているが八ヶ岳。天気の良い日には素晴らしい眺望となる。(写真:高山和良)
畑から見たファーム。後ろには南アルプス北端の山並みが見える(写真提供:カゴメ野菜生活ファーム富士見)