農研機構は、中長期計画で設定した課題の解決に向けて、「研究セグメントごとの研究開発」「セグメント横断的な研究開発」「共通基盤技術の研究開発」の3つの体制で研究開発を推進する。「研究セグメントごとの研究開発」では、4つの研究の柱(セグメント)を立て、研究組織ごとに①フードチェーン全体の最適化を目指す「アグリ・フードビジネス」、②スマート農業技術により農業生産の徹底的な強化を目指す「スマート生産システム」、③バイオテクノロジーとAIを融合して新たな素材や産業創出を目指す「アグリバイオシステム」、④強靭な生産基盤の構築と、生産性向上と環境保全との両立を目指す「ロバスト農業システム」を推進する。これに加え、セグメントを連携して課題解決を図る「NAROプロジェクト」と、農研機構全体の研究開発を先端技術で高度化する「基盤技術研究本部」とが一体となり研究開発を推進する(資料提供:農研機構)

農研機構は、中長期計画で設定した課題の解決に向けて、「研究セグメントごとの研究開発」「セグメント横断的な研究開発」「共通基盤技術の研究開発」の3つの体制で研究開発を推進する。「研究セグメントごとの研究開発」では、4つの研究の柱(セグメント)を立て、研究組織ごとに①フードチェーン全体の最適化を目指す「アグリ・フードビジネス」、②スマート農業技術により農業生産の徹底的な強化を目指す「スマート生産システム」、③バイオテクノロジーとAIを融合して新たな素材や産業創出を目指す「アグリバイオシステム」、④強靭な生産基盤の構築と、生産性向上と環境保全との両立を目指す「ロバスト農業システム」を推進する。これに加え、セグメントを連携して課題解決を図る「NAROプロジェクト」と、農研機構全体の研究開発を先端技術で高度化する「基盤技術研究本部」とが一体となり研究開発を推進する(資料提供:農研機構)

記事に戻る