世界中で深刻な問題になっている海のプラスチックごみ問題。SDGsの目標14では「海の豊かさを守ろう」が掲げられているが、年間800万トンものプラスチックごみが世界各地の海に流れ込んでいると言われており、一刻も早く海洋ごみ問題に歯止めをかける必要がある。このような状況の中、海に囲まれたオーストラリアで誕生した、海洋ごみ問題を解決に導く「Seabin Project」が世界各地に広まっている。海を守るためにどのような取り組みがされているのか、現地在住リサーチャーがレポートする。

自動で海の浮遊物を回収する、海のごみ箱

海に流れ込むプラスチックごみが与える被害は海洋汚染だけではない。ウミガメや海鳥などの生物が餌と間違えてごみを飲み込んでしまい死に至るケースもあり、生態系にも大きな影響を与えている。さらに、漁獲用の網にごみが絡まり網が使えなくなるなど漁業にも影響を与えているほか、紫外線や波の影響を受けて小さなプラスチックの粒子「マイクロプラスチック」になった海洋プラスチックごみを食べてしまった魚を食べることで体へのリスクが指摘されるなど、私たち人間にも深刻な影響を与えている。

「陸にはごみ箱があるのに、海にごみ箱がないのはなぜ?」

Seabin Projectが始まったきっかけは、海を遊び場にして育ち、世界各地の海でサーフィンやヨットを楽しんできたオーストラリア出身の2人がビールを飲みながら、そんな疑問へのアイデアを語り合ったことだった。海洋浮遊ごみを自動で回収する「Seabin」(海=Seaのごみ箱=bin)を自分たちで開発し製品化しようと、クラウドファンディングサイトの「Indiegogo」を通じて支援を呼びかけたところ、約2カ月間でおよそ36万豪ドル(約2880万円)が集まった。

海面に浮く「Seabin」(写真提供:Seabin Project)
海面に浮く「Seabin」(写真提供:Seabin Project)

テスト期間を経て、Seabinの製造・販売が正式に開始されたのは2017年のこと。試作モデルの段階から注文メールが殺到し、あまりの反響の大きさにどのように売り出すかを考える間もなく、いかにして需要に応えるかに奮闘したという。既に52の国・地域で導入されており、約1000台が稼働している。日本でも、東京五輪のセーリング競技会場予定地の江の島ヨットハーバーなど数カ所にSeabinが設置された。

Seabinが海洋浮遊物を回収する様子。水中ポンプと連動してフロート部分が上下して水が流れ込むことでごみが吸い込まれる(写真提供:Seabin Project)
Seabinが海洋浮遊物を回収する様子。水中ポンプと連動してフロート部分が上下して水が流れ込むことでごみが吸い込まれる(写真提供:Seabin Project)

Seabinは、直径約50cmのポンプの付いたポリバケツ状のものでできている。水中ポンプと連動しフロート部分が上下して水流を作り出し、海に浮遊するごみを吸い寄せて、海水と共にごみを回収する。海水はろ過されて下部から海に戻される仕組みになっている。「キャッチバック」と呼ばれるポリバケツ状の本体の中に設置するネット状の袋は20kgもの容量を持ち、海面に漂うペットボトルやタバコの吸い殻、持ち帰り用のコーヒーカップ、ビニール袋といった目に付くごみはもちろん、マイクロプラスチックやマイクロファイバー、油まで自動で回収できる。

Seabinの仕組みを表現したイラスト(写真提供:Seabin Project)
Seabinの仕組みを表現したイラスト(写真提供:Seabin Project)

Seabinの主な顧客はこれまでマリーナやヨットクラブなどの民間企業が中心だった。このような場所では、元々ごみ収集ボートが用意されていたり、管理人が網を持って巡回してごみを集めたりするなど、時間と手間をかけて海洋ごみの回収を行っているケースが多かった。しかし、Seabinを設置すれば本体の中にあるキャッチバック(ネット状の袋)を定期的に空にするだけで、24時間365日、自動で海洋ごみを集め続けられる。初期費用はかかるものの、ポンプを動かすための電気代は1日あたりわずか約1豪ドル(約80円)だ。

Seabin1台が1年間に回収できるごみの量は、ビニール袋約9万枚、持ち帰り用コーヒーカップ約3万5700個、600mlのプラスチックボトル約5万個分だという。設置場所や天候、環境等によって左右されるものの、実績データに基づく回収ごみの平均重量は1日あたり3.9kgで、年間1.4トンを超える。開発中の新バージョン「Seabin V6」では、キャッチバックの素材が変更される予定になっており、改良にも余念がない。