一つひとつの工場はモジュール化し、社会のあちらこちらに分散

これらのシナリオを突き詰めた、未来の工場はどのようなものになるのか。西岡教授のイメージはこうだ。「テクノロジーの発達によって製造機器が高度にモジュール化されると、より消費地に近い場所に工場が作られる」。いわば“どこでも工場”である。「壁で囲われた工場の建屋からモノづくりが積極的に外に出ていくイメージ。昔はまちなかに木工所があって、子どもたちは職人が木を削る現場を目の当たりにすることができたが、いずれまた生活と工場が一体化する日が来るのではないか」(西岡氏)という。

(図1)「つながる工場」の究極形(西岡教授の資料を引用)

一方、設備や素材を製造する拠点は、知識集約型の巨大な“母艦”になる。そこではほとんどの工程を機械が管理し、スマートかつ高度なエンジニアリングが実現されると予測する。

未来の工場というと、「デジタル化」「工場まるごと自動化」「無人化」といったことをイメージしやすいが、実はそうとも限らない。「デジタル化によって効率性を求める取り組みはどんどんやるべきだが、アナログで作りこむ、日本ならではのモノづくりも間違っているわけではない。IoTはそもそもサイバーとリアルの懸け橋であって、今までにない選択肢が増えたということだ。センサーデータを取り込んでも、結局は人が解析することに変わりはない」(西岡氏)。ポイントは、人や組織、機器がつながっていくこと。需要の変化や消費者の生活スタイルの変化に合わせて工場同士、設備同士が最適な組み合わせでつながるようになる。

もともと自前主義で発展してきた日本の製造業は、自社やグループ各社ではノウハウを共有して密に連携してきたものの、外部の工場と連携することはほとんどなかった。製造現場そのものが知見の集合体だったからだ。今後は、これら通例を覆す「つながる工場」が広がっていく。

「未来の工場では、クリエイティブな仕事が中心となる。特にサプライチェーンの川下では、密で豊かなコミュニケーションが鍵となるだろう。そこでは、場所と時間の制約から解き放たれ、作り手と使い手がダイレクトに顔を見ながら交流する場になるのではないだろうか」と、西岡氏は話す。

>>後編はこちら