デザイナーでない人もクリエイティブになれる世界

製造現場やオフィスワークでは工数削減や生産性向上を掲げ、AIツール/ソリューションが実用化され始めている。だがクリエイティブ現場のAIによる自動化はブルーオーシャンと言える。ラディウス・ファイブ 代表取締役の漆原大介氏は「AIをクリエイティブに特化したのは、これまで培ってきた知見を生かせるから」と語る。

漆原氏は独立系ベンチャーキャピタルを経てディー・エヌ・エーに転じ、大ヒットソーシャルゲーム「怪盗ロワイヤル」のゲームディレクターを担当した。COOの菅原健太氏はAI開発責任者を務め、前職ではコロプラに在籍。このように、コアとなる2人はゲーム業界の裏側を知り尽くしている。

ラディウス・ファイブ 代表取締役 漆原大介氏(写真:小口 正貴)
ラディウス・ファイブ 代表取締役 漆原大介氏(写真:小口 正貴)

「しかも菅原はもともと優秀な映像クリエイターだった。高校生の頃、某TV局の映像コンテストでグランプリを獲得したほどの実力の持ち主で、映像編集やクリエイティブ現場での課題に直面してきた。彼のようにディープラーニングとクリエイティブ双方に精通している開発者はグローバルにもほとんどいないのではないか。結果的に、我々が持つドメイン知識(対象業界に対する深い洞察力)と、ディープラーニングで課題を解決できる最先端の技術力がちょうどクロスした。その点は弊社最大の強みだ」(漆原氏)

cre8tive AIは現在も多くのAIクリエイティブツールを開発中だ。高解像度化を動画に適用した「Movie Refiner」、物体除去・補完AIの「Inpainter」、画像白抜きAIの「Outline Clipper」、HDR化AIの「Color Booster」、レイヤー分けAIの「Layer Decomposer」などである。現場で疲弊するクリエイターたちが聞いたら「その自動化、ぜひほしい!」と快哉を叫ぶに違いないツール群ばかりだろう。

「我々は技術力に非常に自信がある。cre8tiveAIではこれら技術見本を見せる狙いもある。例えばPhoto RefinerのAPIを工場用カメラや防犯カメラに組み込んで高解像度化する、仮想空間で高精細なキャラクターを表示するといったニーズもいただいている。それぞれのAIがいろんな形で提供されながらもすべて共通ブランドで展開されるのが理想。たとえるならソフトウエアで“インテル入ってる”を実現したい」(漆原氏)

動画の高解像度化も予定する(写真:小口 正貴)
動画の高解像度化も予定する(写真:小口 正貴)

こう聞くとプロフェッショナル用途にフォーカスしているようだが、簡便な操作性の裏には「デザイナーでない人もクリエイティブになれれば」(漆原氏)との思いがある。クリエイティブツールの王者としては長く米アドビが君臨しているものの、基本的にプロフェッショナル向けのツールであり、習得までに長い時間を要する。「当然、AIによる簡素化はアドビも研究しているので、いずれは競合するだろう。だが、非クリエイターでもクリエイティブになれるツールを提供できれば、ぶつかることはない。そのため、誰でも簡単に使えるユーザーインタフェースを心がけている」(漆原氏)。SNSの発達とともにUGC(ユーザー生成コンテンツ)の需要が急速に高まる中、方向性としては的を射ている。

「目標は世界で勝つためのサービス。3年後にはグローバルでラディウス・ファイブのサービスが認知してもらえる状態を作りたい」と漆原氏。2020年3月には「Microsoft for Startups」に採択され、マイクロソフトとも共同でクリエイティブ関連AIの社会実装を進めていくことを発表した。もとより、ゲーム、アニメ、漫画は日本のお家芸でもある。強力なカルチャーとのセットで全世界のクリエイティブ業界に革新をもたらしてほしい。