介護施設におけるレクリエーションのサポートや、独居生活を送る高齢者への声かけなどの目的で、人間と会話をするコミュニケーションロボットがいろいろと登場している。しかし、現時点ではまだ人間とロボットとの会話はぎこちなく、意思疎通が図れているとも言い難い。人間とロボットが共生する社会に向けて、どうすれば人間はロボットとうまく付き合えるようになるのか。その答えを握る鍵は、ロボット工学の研究を進めていくだけでは見つかりそうにない。

ロボットが人間と会話するには、人間の言葉を認識して内容を理解する能力や、その内容に応じて適切に返答する能力が必要になる。これらの能力を実現するには、音声認識や人工知能(AI)、音声合成などのテクノロジーが必須だ。

人間はそれぞれ声の質や大きさが違うし、話し方も早口だったりゆっくりだったりする。周囲が騒がしい場合は、ノイズの中から人間の声だけを抽出しなければならないし、大勢の人がいる場所では、複数の人の声の中から、自分が聞きたい人の声を聞き分けなければならない。内容の解析も、日本語は主語と述語、修飾語の順番が入れ替わっても会話が成立するので、人間のように瞬時に返答することはまだ難しい。

これらはすべて技術的な課題なので、コンピューターの処理能力がさらに向上すればいずれは解決されるだろう。とはいえ、ロボットがどのような環境や場面でも瞬時に答えてくれるようになったら、人間とスムーズに意思疎通が図れるようになるのだろうか。

今後、人間とロボットが共生する未来社会を目指していくならば、ロボット工学の視点からの研究だけでなく、もっと幅広い分野での研究も必要になりそうだ。

ロボットにキャラクターを持たせて社会性を与える

慶應義塾大学 SFC研究所上席所員の白井宏美氏は、「ロボットと人間とのコミュニケーションの取り方」というテーマを、言語学の観点から研究している。その研究の一環として取り組んだのが、ロボットによる「チラシ配り」だ。

当初白井氏は、社会言語学の観点から「どうすればロボットが人間の注意を惹きつけられるのか」を研究テーマとして、慶應義塾大学 SFC内のファストフード店にソフトバンクの人型ロボット「Pepper」を置かせてもらって実証実験を行った。実験の初期段階の目標は、オーダー待ちで並んでいる学生に対して、Pepperがユーモアを交えながらおすすめメニューを紹介したり、オーダーのコツを説明したりする「愉快な待ち時間の提供」と「オーダーのスムーズ化」だった。

しかし、学生もPepperから提供される情報に慣れてくると、徐々に興味を惹きつけられなくなる。そこで、もっと人型ロボットの身体性を活かしてコミュニケーションを図り、心的距離を縮める方法はないかと考えた末に生まれたのが「チラシ配り」というアイデアだ。

Pepperが胸のホルダーから1枚だけチラシをつまみ出して、「受け取ってください」とかざすと、その動作などの物珍しさもあって積極的に受け取ってくれる。言葉だけではない、「手渡し」という物理的なコミュニケーションによる「ふれあい」が生まれた。

その後、白井氏の研究は神奈川県の「ロボット共生社会推進事業」に採択された。そして、Pepperを3体に増やし、藤沢市の大型ショッピングモールでの3体連携チラシ配りを実施することになった。3体だとロボット同士のコミュニケーションが生まれる。そこで、3体のPepperそれぞれに、しっかり者の「レッド」、乱暴者の「ブルー」、お調子者の「グリーン」というように個性を持たせた(表1)。

[画像のクリックで拡大表示]
(表1)3体のチラシ配りPepperのキャラクター設定

チラシを配り始める前には3体に会話させ、何のチラシを配るのかについてユーモアを交えて説明させるとともに、レッドとブルーが喧嘩をしそうになるとグリーンが仲裁するなど、それぞれの役割を演じさせて来店者に彼らの中にある社会性を理解させた(写真1)。

(写真1)藤沢市の大型ショッピングモールのイベント会場でチラシを配るPepperたち(写真提供:白井宏美氏)