<この記事を要約すると>

  • 東京2020オリンピック1年前セレモニーのオープニングを飾った、プロジェクターを用いた高速追従プロジェクションマッピング技術による演出
  • 同システムは東京2020オリンピックのワールドワイドパートナーであるパナソニックが開発したもので、“スピード”を極めた新たな演出の可能性をもたらした
  • 映像と人の動きがインタラクティブに交わることで加速する“スポーツとテクノロジーの融合”について、関係者が思いの丈を語った

開催まであと約1年に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック。2019年7月24日、1年前記念として「東京2020オリンピック1年前セレモニー」が開催された。オープニングで観衆の度肝を抜いたのが、パナソニックの高輝度プロジェクターを用いた高速追従プロジェクションマッピング技術による演出だ。“スポーツとテクノロジーの融合”、その可能性を見せてくれたイノベーティブな取り組みを探る。

セレモニーの舞台で魅せた圧巻の演出

東京2020オリンピックまでいよいよあと1年に迫った2019年7月24日、「東京2020オリンピック1 年前セレモニー」が華々しく開かれた。

会場は熱気に満ちていた。東京国際フォーラムのホールAは約4000人の関係者・招待客で埋め尽くされ、今か今かと開演を待ちわびていた。ステージ前列に座った中高生が記念撮影し、はしゃぐ姿も見られる。次代を担う彼ら・彼女らにとって、東京2020オリンピックは最も多感な時期に体験できる一大イベントなのだ。盛り上がらないわけがない。

一転、ステージが暗転すると会場は緊張感に包まれた。観衆が固唾を飲んで見守る中、アーティストの吉田兄弟による津軽三味線の演奏で幕が切って落とされた。演奏が終わると吉田兄弟が左右にはけ、中央のメッシュスクリーンが浮かび上がる。そして――。

メッシュスクリーンの後ろで、しなやかな妖精のごとく、新体操の坪井保菜美選手が吉田兄弟の演奏とクロスしながら踊り始めた。右手に持った彼女のスティックの先端は命を宿したかのように輝き、激しい動きにあわせて縦横無尽に駆け巡る。ダンスと融合するのはプロジェクションマッピング。“和”を意識したダイナミックな映像は非常に高精細で立体感があり、まるで画面の中から坪井選手が飛び出してくるようにも見える。見たこともないパフォーマンスに圧倒され、会場の視線はステージに釘付けとなった。終演後の大きな拍手が、観衆の驚きと興奮を物語っていた。

(動画)東京2020オリンピック1年前セレモニー ”1Year to Go! ” オープニングパフォーマンス

坪井選手が見事に“映像にあわせて踊りきった”――これまでの常識からそう思った人は多いだろう。実はその逆で、坪井選手の動きにあわせて超高速に映像が追従しているのだ。開発したのは、東京2020オリンピック・パラリンピックのワールドワイドパートナーであるパナソニック。高速追従プロジェクションマッピングは、いかにして生まれ、進化してきたのか。その背景を探った。

テクノロジーにはスポーツを変える力がある

パナソニックが高輝度プロジェクターを用いた高速追従プロジェクションマッピング技術を披露したのは今回が初めてではない。オリンピック関連に限れば、2019年3月に開催された東京2020オリンピック・パラリンピックの500日前イベント「TOKYO VISION ~500 Days to Go! Night~」ですでに披露済みだ。

500日前イベントで実施されたプロジェクションマッピング体験の様子

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の小林洋行氏は、1年前セレモニーのオープニングパフォーマンスについて次のように語る。

「東京2020オリンピック・パラリンピックは、史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす大会にすることをビジョンに掲げています。すなわちスポーツだけでなく、テクノロジーや文化を加味して新しい価値を生み出すことを目標としているのです。

スポーツ・テクノロジー・文化の融合を考えたときに、高速追従プロジェクションマッピング対応プロジェクターによって新たなチャレンジをしてみたいと思いました」(小林氏)

公益財団法人
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
広報局事業部長
小林 洋行氏

実際のパフォーマンスを体験した小林氏は「映像と音、動きを含めた迫力が段違い」と評した。津軽三味線と新体操、最先端の映像技術と、それぞれ別の要素が融合することで新しいコンテンツを生み出している印象を受けたという。さらに「この演出を観て皆さんが力をもらえる、今回のオープニングアクトにはそうした思いも込めました」とも話してくれた。

「テクノロジーが進化することで、これまでスポーツにあまり馴染みのない人たちがスポーツをより身近に感じられるきっかけになるのでは。それはプレーに限らず、観戦方法に関しても同じです。東京2020オリンピック・パラリンピックを通じて潜在的な興味を掘り起こし、もっともっとスポーツの魅力を伝えていくのも私たちの重要な役目です。

スポーツには未来を変える力があり、テクノロジーにはスポーツを変える力があると考えています。今後、両者がさらに結びついて、想像もできなかったような展開が生まれることを期待しています」(小林氏)