「勝利」という目標のために日頃から身体と精神を鍛えているアスリートには、人間の進化に向けた数多くのヒントが詰まっている。今、アスリートの世界で注目されているのが「脳」の働きだ。超絶なスキル、瞬時の状況判断、強靭なメンタルなどはいかに生み出されるのか。テクノロジーの進化が、この未解明領域の謎を明らかにしつつある。

スポーツは身体能力が高ければ勝利をつかめるほど単純ではない。実際、160km/hのボールを投げる投手、100mを10秒台で走るサッカーのフォワードがプロで活躍できるとは限らない。勝つためには、身体を巧みに操って高度なスキルを発揮するとともに、瞬時に適切な状況判断や予測をし、プレッシャーに負けないようメンタルを制御することが重要だ。これら3つの要素を司っているのが「脳」である(図1)。

図1 アスリートの脳の解明に挑む
図1 アスリートの脳の解明に挑む
センシング技術などの発達によって、試合や練習中の選手の脳活動を生体や身体動作などのデータから解析できるようになってきた。一方で、パラアスリートの脳分析から、独自の可塑的変化をすることが分かってきた。新たなトレーニング法の開発やリハビリなどへの応用展開が期待される。(図:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

トップアスリートの世界では、パフォーマンスを可視化するトラッキング技術の普及で、既に膨大なデータが蓄積されている。しかし、アスリートの脳については未解明な部分が多く、世界中で多くのチームや企業、研究機関が「内面の可視化」に挑んでいる。

ここではアスリートの脳機能の解明に関する、2つの先端的な取り組みを紹介する。1つはNTT(日本電信電話)コミュニケーション科学基礎研究所の「スポーツ脳科学プロジェクト」(以下、SBS)だ(図2)。これまでアスリートの脳を調べる研究は実験室で脳計測装置を使って数多く行われてきた。これに対してSBSが目指しているのが、実際にプレー中の選手の脳活動を解析することでパフォーマンスとの関係性を明らかにし、「勝てる脳」を作ることだ。SBSのリーダーである、柏野多様脳特別研究室室長の柏野牧夫氏は「現時点では、直接脳からの信号ではなく、計測に信頼性がある生体データや身体動作を解析することで、その背後にある脳機能を『ハッキング』するアプローチを主眼としている。プレー中の様々なデータが集まってきており、脳機能を解明しつつある段階だ」と話す。

図2 実際にプレー中のアスリートの脳機能を解析
図2 実際にプレー中のアスリートの脳機能を解析
NTT コミュニケーション科学基礎研究所のスポーツ脳科学プロジェクトの実験室。写真は投手と打者がウエアラブルセンサーを装着して実際に対戦している様子。打者は視線追跡装置も装着。実験室には脳活動を計測する装置も配備しているが、プレー中の状態を解析することに主眼を置いている。(写真:NTT)
[画像のクリックで拡大表示]

もう1つは、パラリンピックに出場するような障がい者アスリート(パラアスリート)の脳を研究している、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授の中澤公孝氏の研究事例である。パラアスリートの脳は、健常者や非アスリートの障がい者と異なる独自の進化を遂げており、その知見をリハビリや新たなトレーニング法の開発などに応用できる可能性があるとしている。