日本では、実際に不妊治療や検査を受けたことがある夫婦が約6組に1組いると言われる。だが、男性視点での不妊対策は非常に少ないのが現状だ。こうした状況を打開すべく精子や精液成分を検査するサービスが誕生し、徐々にメンズヘルス業界でも注目されつつある。2018年、世界初の精液成分検査サービスを開始したダンテの取材を軸に「精子テックの今」を報告する。

不妊の約半分は男性に原因か

2016年に発表された厚生労働省研究事業の男性不妊に関する調査では、82.4%の男性が造精機能障害を抱えていることが判明した。文字通り、造精機能とは精子を造る機能のことであり、不妊と深い関わりがある。報告書でも「不妊の原因の半分は男性にある」と指摘しているが、まだまだ不妊治療は婦人科で受けるものといった考え方が主流で、男性が主体的に不妊治療を受診する環境は整っていない。

昨今は科学的な側面から男性不妊の原因研究も進む。2020年1月、国際医療福祉大学、東京大学、医療機器ベンチャーの日本医療機器開発機構(JOMDD)は共同で、自動精子選別装置の開発を行うことを発表。AI(人工知能)が熟練の胚培養士の判断をサポートし、良好と判断された精子細胞の選別を自動化する。また2020年4月には大阪大学微生物病研究所の藤原祥高招へい准教授らが、哺乳類の受精膜融合に関与する精子膜タンパク質を発見。男性不妊の新たな原因遺伝子として診断・検査の対象となることが期待されている。

SeemのAndroidアプリの観察画面イメージ(出所:Google Playページ)
[画像のクリックで拡大表示]

一方、より手軽に精子の状態を検査するサービスもいくつか存在する。リクルートライフスタイルの「Seem(シーム)」は、スマホを利用して自宅で精子濃度や運動率を確認できる。専用キットのスマホ顕微鏡レンズに採取した精液を垂らし、専用アプリで撮影してチェックする。TENGAヘルスケアの「TENGA MEN’S LOUPE(テンガメンズルーペ)」も同様のサービスで、キットのルーペをスマホのカメラでのぞきながら精子の状態を観察する。キットの価格はSeemが3980円(税込み)、TENGA MEN’S LOUPEが1650円(同)と低コストに抑えた。

一歩進んだ検査を提供するのが、ダンテの「BUDDY CHECK(バディチェック)」である。採取した精液を郵送して、精子の動きや状態のみならず「精液成分」を詳細に測定する。成分の内訳は酸化DNAの8-OHdG、男性ホルモンのテストステロン、精子の持久力に関わるクレアチン、精子量に関わる亜鉛、アンチエイジングにも関連するスペルミンの5種類。検査結果はWeb画面で確認する仕組みだ。全5項目を検査する場合は1万3200円(税込み)となる。

精液成分を検査するサービスは世界初ゆえ、2018年の開始当初は多くのメディアで話題となった。では、現在の男性不妊およびメンズヘルスを取り巻く状況はどうなっているのか。ダンテ代表取締役CEOの瀧本陽介氏に話を聞いた。

――「BUDDY CHECK」を始めようと思ったきっかけは。

ダンテの親会社は名古屋大学発ベンチャーのヘルスケアシステムズで、郵送による検体検査や臨床試験などを主業としています。5年ほど前、ある学会に出展したときに、順天堂大学の堀江重郎教授から「おたくはいろんな検体を検査しているけど、精液を測ることはできないのか」と尋ねられました。堀江先生は泌尿器科、メンズヘルスの大家であり、精液にはいろんなバイオマーカーがあるはずなのに、医療機関でもあまり検査していないことを不思議に思っていたようです。それがヒントになりました。

ダンテ代表取締役CEOの瀧本陽介氏。BUDDY CHECKとともに(写真:小口正貴)
[画像のクリックで拡大表示]

それまで当社では尿や便、涙、皮膚片などを対象としてきましたが、精液は検体として手つかずの状態で残っていた。そこで新しい検体のターゲットにしようと考え、2017年3月にダンテを設立しました。大きなテーマは男性側からの不妊治療ですが、ED(勃起機能低下)や男性更年期障害など、広く男性の健康に役立てられるのではないかとの思いがあります。