特集

太陽光パネルの設置角を年間に6回、人手で変える(page 5)

<第4回>可動式架台を独自に開発、雪国の不利を克服

2015/03/04 00:00
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
印刷用ページ

設備利用率が1ポイント上昇も

 今年2月上旬に、取材で「露藤発電所」を訪れた。積雪は約1m以上に達しているものの、垂直に並んだパネルは、雪の上に余裕をもって顔を出している(図9)。同日に近くに建設された設置角30度に固定した太陽光発電所では、パネルの上に雪が積もっていた(図10)。垂直にしたことによる積雪対策は、一目瞭然だ。「垂直に立てることで、風を真正面に受けることになるが、十分に強度計算しているので、これまでに破損などの不具合はない」と、高山社長は言う。

図9●1m以上積もっても、パネル全面が日射を受けられる(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
図10●同日に近くのサイトでは、パネルのほぼ全面に雪が…(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 単管パイプやジョイント金具の耐久性については、「建設会社として、単管パイプとジョイントを使った建築案件を長年、手掛けてきた。多少の腐食はあっても、十分に20年以上の使用に耐えている」(高山社長)。

 高山工務店が、「露藤発電所」に先行して、可動式架台を導入した米沢市の太陽光発電所(約300kW)では、2013年9月~2014年8月までの1年間の設備利用率の結果が出ている。それによると、年間の設備利用率は13.3%と、雪国ながら全国平均並みの水準となった。同じ置賜地域の長井市にある1.9MWのメガソーラー(設置角20度固定、積雪期は除雪)における同期間の設備利用率は12.0%というデータがあり、それと比べると1ポイント以上、設備利用率が高いことになる。

  • 記事ランキング