探訪

北陸特有の強烈な「冬季雷」が直撃!? 富山市八尾のメガソーラー

積雪が年間売電量を左右、ツル性植物やイノシシと苦闘

2019/06/25 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 富山県富山市八尾町の山あいに、太陽光パネルの出力が1.416MW、連系出力が1.260MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「NiX 八尾ソーラーパワー」が立地している。2014年10月1日に売電を開始してから、約4年半が経つ(図12015年1月のメガソーラー探訪の掲載コラム)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●太陽光パネル出力は約1.4MW
(出所:日経BP)

 このメガソーラーの立地している土地は、かつてカドミウム汚染田を復元するための土を採取していた。この跡地である市有地を活用して、建設コンサルタントの新日本コンサルタント(富山市)が開発した。発電事業者は、同社の再生可能エネルギー発電子会社である、ニックスニューエネルギーとなっている。

 新日本コンサルタントは、建設コンサルタントの傍ら、再エネ発電を軸とするエネルギーマネジメント事業を展開している。国内の発電事業では、小水力を2カ所開発・運営している。2015年5月に稼働した、出力198kWの平沢川小水力発電所と、2019年1月に稼働した出力804kWの湯谷川小水力発電所である(図2)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図2●湯谷川小水力発電所の建屋と発電機
(出所:新日本コンサルタント)
クリックすると拡大した画像が開きます

 海外でも、インドネシアのスマトラ島において出力約13MW、年間発電量約8万3100MWhの水力発電所の開発につなげている(関連ニュース)。

 発電による収益は、アジアにおけるインフラ関連や再エネ発電など、次の事業の柱の確立に回す原資となっている。

  • 記事ランキング