探訪

「浮島」と「扇島」、東電の2メガソーラーで発電量に明暗、パネルの現地点検も実施

羽田空港が目前、浄化中の廃棄物処理地を活用

2019/07/09 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 京浜工業地帯の一角にある浮島と扇島は、海に面した埋立地で、神奈川県川崎市に属する。この両島に、東京電力ホールディングス(以下、東電HD)が開発・運営している合計出力20.0MWの2つのメガソーラー(大規模太陽光発電所)がある。出力7.0MWの「浮島太陽光発電所」と、同13.0MWの「扇島太陽光発電所」である(図1)。それぞれ2011年8月、同年12月に稼働し、7年間以上が経過している。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●浮島(上)と扇島(下)のメガソーラー
(出所:川崎市、左下は東京電力HD)

 旧一般電気事業者各社は、固定価格買取制度(FIT)の始まる直前、経済産業省からの全額補助金によって、自社管内にメガソーラーを建設した。「浮島太陽光発電所」と「扇島太陽光発電所」もこうしたメガソーラーで、両発電所は、それらのなかでも最大規模で、特高クラスの太陽光発電所としては国内で最も早く稼働したものだ。

 浮島、扇島ともに、日本の経済成長を長く支えてきた工場の集積地の一角にあり、現在でも多くの産業の主力工場が操業している。重厚な鉄の塊、密集するパイプや煙突といった、いかにも工場らしい風景が続く地域として、最近では、工場の景観を愛好する、いわゆる「工場萌え」たちの撮影スポットとしても知られるようになった。屋形船による工場夜景クルーズでも必須の場所となっている。

 2つのメガソーラーは、川崎市と東電HDによる共同事業として開発・運営されている。川崎市が、浮島のメガソーラーの土地の提供と、広報・教育用施設である「かわさきエコ暮らし未来館」の管理・運営による啓発活動を担う一方、東電HDは、2つのメガソーラーの建設・管理・運営を担っている。扇島のメガソーラーが建つ土地は、東電HDが所有している。

システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング