探訪

発電事業者が町に公園を寄贈、地域から信頼される鳥取大山のメガソーラー

古刹の町と外資系事業者が共感し共生を目指す

2019/09/10 06:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 鳥取県大山町において8月23日、地域住民の憩いの場となる公園「大山カナディアン・ガーデン」の贈呈式が開催された。

 大山町は、中国地方の最高峰「大山(だいせん:標高1729m)」一帯に位置する(図1)。山中にある「大山寺」の開創は718年で、奈良の法隆寺(開創:607年)などと並び、古代までさかのぼれる古刹で、「出雲国風土記」に記述されている。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●中国地方を代表する名峰・大山と、中腹にある大山寺
(出所:日経BP)

 大山町内の地名には、「坊領」「今在家」など、お寺に関連したものが多く残っている。大山寺が、いかに地域に影響力を持っていたかがうかがわれる。

 「大山カナディアン・ガーデン」は、そんな大山のふもと、県道305号沿いにある(図2)。蛇行するように流れている阿弥陀川の橋を渡った北側にある。中央にコンクリートによる四角の大きな構造物。端に記念碑のあるシンプルな公園である。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●「大山カナディアン・ガーデン」
(出所:日経BP)

 整備・贈呈したのは、太陽光パネル大手のカナディアン・ソーラーの関連法人である。施設名には、同社名の一部を冠した。近隣には、合計出力約27.3MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「CS鳥取大山太陽光発電所」がある。同社関連の太陽光発電所の開発・運営会社であるカナディアン・ソーラー・プロジェクト(東京都新宿区)が特定目的会社(SPC)を通じて開発した。

 EPC(設計・調達・施工)サービスは東芝が担当し、太陽光パネルは自社製の320W/枚、PCSは東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製の出力750kW機を採用した。

 「大山カナディアン・ガーデン」が立地している県道沿いの場所は、このメガソーラーから連系点まで約7kmを結ぶ自営線の鉄塔の隣にある。

  • 記事ランキング