探訪

大雪には耐えるも、「二枚貝」でパネル数十枚が割れた、松江のメガソーラー

クローバーによる土砂・雨水対策は機能、雑草を防ぐには至らず

2019/09/24 06:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 島根県松江市の里山沿いに、太陽光パネルの出力が約2.3MW、パワーコンディショナー(PCS)出力が1.99MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「エクシオ松江 ソーラーファーム」がある(図1)。JR松江駅から東に、中海に向かう途中の山間部に位置する。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●松江駅から東に向かった里山沿いにある 「エクシオ松江 ソーラーファーム」
(出所:協和エクシオ、下は日経BP)

 電気通信関連インフラを手がける協和エクシオが開発・運営している。同社は、本業の知見を生かせる太陽光発電所のEPC(設計・調達・施工)サービスに加えて、発電事業にも取り組んでいる。国内で10カ所以上の太陽光発電所を運営している(関連コラム:7つの古墳を抱える、東金市のメガソーラー、同ニュース:甲府で6カ所目、同コラム:茨城県小美玉市の出力約1.175MW)。

 松江のメガソーラーでも、自社で設計を担当し、施工は地元の佐藤組(松江市)に委託した。太陽光パネルはシャープ製を採用し、単結晶シリコン型(265W/枚)を8784枚並べた。PCSは、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用し、直流入力1000V対応の出力665kW機を2台、同660kW機を1台、設置した(図2)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図2●シャープ製の太陽光パネル、TMEIC製のPCSを採用
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 松江市朝酌町に約2万5000m2の土地を借り、事業用地とした。南向きの斜面で、太陽光発電に向く一方、元々は農業振興地域に区分される第1種農地だった(メガソーラー探訪の2016年2月の掲載記事)。こうした条件を乗り越えて太陽光発電所を建設し、2015年11月に売電を開始した。

 売電を開始して約4年、発電量は月によってばらつきはあるものの、年間を通してみると年によって大きく振れることはなく、約254万kWhという結果が続いている。事業計画時の予想に対して、約5%の上振れという。

システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング