探訪

北陸最大のメガソーラー、「直流1500V」でコスト下げて効率アップ

ファースト・ソーラーが開発とO&Mを担う

2019/10/01 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

宝達志水町に約71MW

 石川県の中部、能登半島の付け根に位置する宝達志水町は、加賀藩ゆかりの城跡や建築物のほか、能登地方の最高峰「宝達山」(標高637m)を有する(図1)。

図1●能登地方の最高峰「宝達山」
(出所:宝達志水町)
クリックすると拡大した画像が開きます

 2018年12月、同町にこちらも北陸で最大規模となるメガソーラー(大規模太陽光発電所)が稼働を始めた(図2)。

図2●宝達山に連なる丘陵に建設した「石川沢川太陽光発電所」
(出所:ファースト・ソーラー・ジャパン)
クリックすると拡大した画像が開きます

 宝達山から東に連なり、富山県富岡市までまたがる丘陵に建設した、出力約71MWの「石川沢川太陽光発電所」だ。ファースト・ソーラー・ジャパン(東京都千代田区)の出資するSPC(特定目的会社)が事業主体で、2019年7月には落成式が開催された。ファースト・ソーラー・ジャパンは、米パネル大手、ファースト・ソーラーの日本法人だ。

 連系出力は59.52MW、太陽光パネルの出力で71.208MWに達する。

 約71MWもの太陽光パネルの出力規模は、北陸の太陽光発電所で最大というだけでなく、全国的にも稼働済みメガソーラーのパネル出力規模で8番目になる。年間の発電電力量は、7880万kWhを見込み、これは一般家庭約1万8000世帯の消費電力に相当する。

 約163haに達する事業用地は、主にゴルフ場の開発跡地で、建設の途中で頓挫して放置され、荒地となっていた。ゴルフ場開発の際に、林地開発許可を取得していたため、用途を変更した上で、既存の調整池など利用しつつ、新たな排水施設を増設した。

 約163haのうち、主に宝達志水町の約70haに太陽光パネル59万3400枚を並べた。残りの半分以上、主に富岡市側の事業用地は、残置森林として、そのまま残すことで環境保全に配慮した。

  • 記事ランキング