探訪

国内初の「募集プロセス」で隣地に新設、群馬県昭和村のメガソーラー

落雷が頻発、遠隔監視が途絶える被害も

2019/11/05 06:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 群馬県昭和村は、赤城山の山麓に近く、キャベツやコンニャクといった野菜の栽培が盛んなことで知られる。その高原の一角に、太陽光パネルの合計出力が約5.6MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「サン・ファーム千年の森(昭和村太陽光発電所)」がある(図1)。

図1●3カ所のメガソーラーからなる
(出所:コムシスクリエイト)
クリックすると拡大した画像が開きます

 このメガソーラーは、発電所名にある通り「千年の森」に立地する。ゴルフ場やサッカーの合宿施設などがある場所で、メガソーラーは工業用地を活用し、高圧配電線に連系している3つの発電所で構成されている。

 日本コムシスグループが開発して施工し、運営も担っている。同社グループは、NTTグループなどの通信設備の施工などを多く手がけていることで知られる。

 日本コムシスがEPC(設計・調達・施工)サービス、O&M(運用・保守)を担っている。発電事業者は、日本コムシスの新規事業開発を手掛ける子会社である、コムシスクリエイト(東京都品川区)となる。

 コムシスクリエイトによる太陽光発電事業は、19カ所・合計出力約61.2MWが稼働している。この19カ所で開発計画はひと段落し、現在計画中の案件はないとしている。

 昭和村のメガソーラーのほか、茨城県常陸太田市の出力約2.8MW(メガソーラー探訪の関連コラム)、栃木県那須塩原市の同5.7MW(同コラム)、兵庫県加東市の水上の合計約2MW(同コラム)、岩手県金ケ崎町の約20MW(同コラム)などがある。

 いずれも、昭和村の発電所と同じように、EPCやO&Mは日本コムシス、発電事業者はコムシスクリエイトとなる。太陽光パネルは長野県安曇野市の1.8MWでCIS化合物型を採用した以外は、いずれも結晶シリコン型を採用し、メーカーはさまざまだが、パワーコンディショナー(PCS)は、宮城県利府町の約12.7MWと北海道江別市の約2MWを除く17カ所は、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製で共通している。

  • 記事ランキング