探訪

国内初の「募集プロセス」で隣地に新設、群馬県昭和村のメガソーラー(page 2)

落雷が頻発、遠隔監視が途絶える被害も

2019/11/05 06:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

入札で「上越幹線」を増強

 今回のメガソーラーは、標高約660mの場所にある。付近からは、谷川連峰をはじめ、上信越の山並みを一望できる。周囲一帯には、畑や山林が広がり、北海道にでもいるような印象を受ける(図2)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図2●高原に立地
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 昭和村は、農作が盛んで、日射量が豊富にある。しかも、標高が高いので、真夏でも比較的気温が低い。高温時に発電効率が低下する結晶シリコン型太陽光パネルの出力が低下しにくい。

 これらの条件から、太陽光発電に向く。周囲の畑や山林の合間には、太陽光パネルが並んでいる光景を所々で目にする。稼働ずみの発電所としては関東地方で最大規模となる、出力約43MWのメガソーラーも近隣に立地している(関連ニュース)。

 サン・ファーム千年の森は当初、2013年11月に、太陽光パネル出力が約2.419MW、連系出力が1.99MWで稼働を開始した(図3稼働当初のメガソーラー探訪)。コムシスクリエイトでは、この第1期のメガソーラーをAサイトと呼んでいる。固定価格買取制度(FIT)に基づく売電単価は、40円/kWh(税抜き)である。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図3●Aサイト(左)、BサイトとCサイト(右)の概要
(出所:コムシスクリエイト)

 その後、隣の土地に、第2期となる2つのメガソーラーが、第1期の売電開始からほぼ4年後となる、2017年10月に稼働を開始した。この第2期は、Bサイト、Cサイトと呼んでいる。FITに基づく売電単価は、36円/kWh(税抜き)である。

 第2期では、2カ所合わせた太陽光パネル出力が約3.920MW、連系出力が3.240MWとなっている。Bサイトは、太陽光パネル出力が約2.305MW、連系出力が1.99MW、Cサイトは、太陽光パネル出力が約1.616MW、連系出力が1.25MWである。

 発電設備は、PCSはいずれもTMEIC製だが、太陽光パネルはAサイトがシャープ製、BサイトとCサイトが京セラ製と、2社の製品を使い分けている。

 基礎と架台については、Aサイトは鋼材とコンクリートを使ったタイプ、BサイトとCサイトでは杭基礎とアルミ架台にした。よりコスト効率を高めた手法に変えている(図4)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図4●Aサイト(上)、BサイトとCサイト(下)の基礎と架台
(出所:日経BP)

 BサイトとCサイトは、東京電力による「国内初の募集プロセス(系統容量増強のための入札)」を経て、連系の権利を獲得した。

 コムシスクリエイトが、Aサイトの隣の用地を活用できることが決まり、メガソーラーを新たに設置しようとした時点で、東京電力の送電網への連系で問題が生じた。

 当時、昭和村を含む地域において、太陽光発電所の連系の申し込みが急増したため、一帯の地域から首都圏に送電する15万4000Vの送電線である「上越幹線」の容量が不足する見通しとなっていた。

 このため、東京電力は2014年夏、昭和村を含む群馬県北部における再生可能エネルギー発電電力の連系に関して、入札を実施した(関連ニュース:送電線増強の負担金で、国内初の入札、群馬県北部が対象)。送電容量を増やすための工事に要する負担金の単価を入札し、高額の応札者から系統への接続権を与えた。

 コムシスクリエイトは、この入札で、昭和村における合計出力約3.24MWの連系の権利を得た。これによって、BサイトとCサイトを事業化できた。東京電力の送電網の増強に合わせて施工し、2017年10月に連系した。

 この応札額に関して、コムシスクリエイトは明らかにしないものの、東電にとって、想定していた以上の高額の応札額だったようだとしている。

 東電の発表によると、昭和村を含む募集エリア「I-4」では、55件・合計容量56MWの応札があった。応札の最低単価は1.35万円/kW、最高単価が8.50万円/kWだった。このうち契約に至ったのは、22件・合計容量19MWだった。

 この後、こうしたスキームは「募集プロセスと」と呼ばれ、電力広域的運営推進聞(OCCTO)が主催する形で全国的に実施されることになった。送電線の容量不足対策に関する工事費負担金を、複数の事業者が透明性を持って負担する仕組みとして広がっている。

  • 記事ランキング