探訪

八雲町に姿を現した国内最大の「蓄電池併設メガソーラー」

放牧場跡地に102MWのパネルと52MWの蓄電池を設置

2019/11/12 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

町を挙げて再エネを推進

 「日本で唯一、太平洋と日本海の両方に面している市町村はどこでしょう?」――こんな物知りクイズに出てきそうな問題の答えは、北海道八雲町だ。

 同町は、渡島半島の北部、函館と室蘭の中間に位置し、酪農が盛んで乳製品や牛肉を生産するほか、水産業では、ホタテガイの養殖が盛んだ。

 再生可能エネルギーの開発に熱心で、2017年に「八雲町再エネ導入促進ビジョン」を作成した。すでに山崎地区に2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)が1カ所、畜産廃棄物を使ったバイオガス発電所(150kW)が4カ所稼働済みのほか、地熱や風力開発にも取り組んでいる。同町では、北海道電力との系統連系が難しくなっているため、熱利用や水素製造の形で、エネルギーの地産地消を進めていくことも検討している(図1)。

図1●八雲町・上の湯温泉郷では、地熱資源の利用が期待されている
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング