探訪

八雲町に姿を現した国内最大の「蓄電池併設メガソーラー」(page 2)

放牧場跡地に102MWのパネルと52MWの蓄電池を設置

2019/11/12 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

町の電力需要の3倍以上を発電

 こうした町を挙げての再エネ開発にとって、象徴的なプロジェクトが、太平洋岸沿いの山﨑地区と花浦地区で進んでいる。国道5号線をクルマで北上すると、右の車窓には約3kmに渡って、整然と並べられた太陽光パネルが延々と続いている(図2)。

図2●国道5号線沿いに延々とパネルが続く
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 これは、太陽光パネル出力102.3MW、連系出力75MWのメガソーラー「ソフトバンク八雲ソーラーパーク」だ。2018年3月に着工し、すでにパネル設置や変電設備はほぼ完成しており、年内には受電し、来年4月からは試験送電、10月には商用運転が始まる予定だ。

 発電事業の主体は、ソフトバンクグループで再生可能エネルギー事業などを行う SB エナジー(東京都港区)と三菱 UFJリース(東京都千代田区)が折半出資で設立するSPC(特別目的会社)「北海道八雲ソーラーパーク合同会社」となる。

 事業用地は、太平洋岸に面した平地で、南北に細長い。太平洋汽船(東京都千代田区)と太平洋農場(北海道二海郡)が所有・管理していた元放牧地で、約132 haに達する。現在では八雲不動産サービスの所有地となる。SPCが賃借して発電事業を行う(図3)。

図3●南北に細長い事業用地に30万5000枚のパネルを設置した。中央左の白い筐体が蓄電池システム
(出所:SBエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます

 年間の発電量は約1億68万2000kWhを見込む。これは一般家庭約 2万7967世帯分の電力消費量に相当し、八雲町における全電力需要の約3.3倍に達する。

  • 記事ランキング