探訪

「ヌートリアがかじって短絡」、「池の修繕中の発電は可能?」、加東市の水上太陽光

発電量は上ぶれ、台風の襲来にも安全性は良好、接続箱は陸上に

2019/11/19 06:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 兵庫県中部にある加東市の稲作地域に、隣り合うように並んでいる3つのため池に、いずれも太陽光パネルが浮かんでいる場所がある(図1)。3つの池は北から南に向けて小さい順に並んでおり、それぞれ「新池」、「更池」、「大池」と呼ばれている。いずれも、加東市屋度地区の水田などに水を供給する農業用ため池である。

図1●三つの池に太陽光パネルが浮かぶ
上から下に「新池」、「更池」、「大池」(出所:コムシスクリエイト)
クリックすると拡大した画像が開きます

 これらの太陽光発電所は、通信インフラなどを手掛ける日本コムシスグループが開発、運営している。

 すべてのパネルを水上に設置した「加東市屋度大池太陽光発電所(サン・レイクス屋度 加東)」(出力約2MW)と、地上と水上にまたがってパネルを設置した「加東市屋度太陽光発電所(サン・ファクトリー カワタ 加東)」(約1.3MW)の水上部分(出力71.5kW)となっている。

 日本コムシスグループでは、日本コムシスがEPC(設計・調達・施工)とO&M(運用・保守)サービスを手掛けている。また、コムシスクリエイト(東京都品川区)が発電事業者として、19カ所・合計出力約61.2MWの太陽光発電所を運営している。

 日本コムシスがEPCサービスを手掛けた水上メガソーラーとしては、兵庫県稲美町にある「広谷池」に設置した「広谷池水上太陽光発電所」(太陽光パネル出力6.8MW、連系出力5MW)もある。この水上メガソーラーは、西日本で最大規模とされる(関連ニュース)。発電事業者は、二川工業製作所(兵庫県加古川市)である。

 コムシスクリエイトが運営している太陽光発電所は、加東市のメガソーラーのほか、茨城県常陸太田市の約2.8MW(メガソーラー探訪の関連コラム)、栃木県那須塩原市の同5.7MW(同コラム)、群馬県昭和村の合計約5.6MW(同コラム)、岩手県金ケ崎町の約20MW(同コラム)などがある。

 いずれも、加東市の案件と同様、EPCやO&Mは日本コムシス、発電事業者はコムシスクリエイトとなる。太陽光パネルは長野県安曇野市の1.8MWでCIS化合物型を採用した以外は、いずれも結晶シリコン型を採用し、メーカーはさまざまだが、パワーコンディショナー(PCS)は、宮城県利府町の約12.7MWと北海道江別市の約2MWを除く17カ所は、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製で共通している。

 加東市の3つの池は、いずれも地元の屋度自治会が管理している。屋度自治会から水上を借りて、太陽光発電設備を設置した。

システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング