探訪

「水鳥のフン」「釣り人」、兵庫のため池に見る水上太陽光の運用上の課題

フンは洗い、釣り人は警備システムによる対策を検討

2020/01/21 06:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 兵庫県稲美町は、東は明石、西は加古川に近い平野部にある。農業用のため池が多く点在し、町内を移動すると、大小の水面が次々と目に入る。

 その一つが、稲美町野寺にある「穴沢池」で、その水上には、太陽光パネル出力が約960kWの太陽光発電設備が浮かんでいる(図1)。

図1●穴沢池水上太陽光発電所
(出所:太陽ホールディングス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 「穴沢池」の水上太陽光発電所は、開発費約2億6200万円で、年間発電量約120.3万kWhを見込んでいる。2019年1月に稼働した。固定価格買取制度(FIT)に基づく売電単価は18円/kWh(税抜き、以下同じ)で、関西電力に売電している。

 EPC(設計・調達・施工)サービスは、積水ハウスが担当した。太陽光パネルはアンフィニ(大阪市浪速区)製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。

 水上に太陽光パネルや接続箱を浮かべる部材であるフロートは、環境資源開発コンサルタント(大阪市北区)製を採用した。

 「穴沢池水上太陽光発電所」を開発・運営しているのは、太陽グリーンエナジー(埼玉県嵐山町)である(前々回のメガソーラー探訪:太陽HDが水上型で「100%太陽光」達成、アップル向けから国内全事業に拡大)。

 同社は、プリント基板用の絶縁材であるソルダーレジストの大手、太陽インキ製造を中心とする、太陽ホールディングス(太陽HD)グループの再生可能エネルギー発電事業会社である。

 太陽インキ製造は、2018年に米アップル向けの生産を「100%再生可能エネルギー」で賄うことを公約している。さらに、2019年11月には、アップル向け製品製造に限らず、太陽HDグループの国内事業全体についても、消費電力に対して、「太陽光発電で消費電力の100%相当を賄える」規模を実現したと発表している。

 こうした取り組みを支えるのが、「穴沢池」の太陽光発電所をはじめとする、太陽グリーンエナジーが開発・運営している太陽光発電所である。

 すべて水上の太陽光発電所である点がユニークで、これまでに10カ所が稼働し、その年間予想発電量は、合計で約16.1GWhに拡大した。この発電量は、国内におけるグループ全体の消費電力に対して、110%相当としている。

 水上型の太陽光発電所には、日々の運営の中で、野立て型にはない利点がある一方、野立て型よりも注意を払わなければならない点もある。

  • 記事ランキング