探訪

大型重機3台を常備して除雪、七戸町のメガソーラー

土木造成の工夫で雪国でも過積載率1.3倍を確保

2020/02/10 05:00
金子憲治=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

雪国に20MWのメガソーラー稼働

 青森県東部に位置する七戸町は、かつて七戸城の城下町として栄え、現在は町のほぼ中央に東北新幹線・七戸十和田駅があり、八甲田連峰や十和田湖観光の玄関となっている。馬の産地として知られるほか、ニンニクやナガイモの生産も盛んだ。

 七戸町では、「地域新エネルギービジョン」を掲げ、地球環境と緑豊かな自然を守るため、再生可能エネルギーの普及に力を入れている。道の駅や町役場庁舎や学校など、公営施設に太陽光発電設備を導入している。

 このほか、町内には、民間企業による高圧や特別高圧送電線に連系するメガソーラー(大規模太陽光発電所)が複数サイト、稼働している。

 太陽光やバイオマス発電の開発・施工を手掛けるシン・エナジー(神戸市)は、オリックスと共同で七戸町に太陽光パネルの出力19.6MW、連系出力15MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「七戸町卒古沢太陽光発電所」を建設し、12月3日に竣工式を開催。2020年1月に運転を開始した(図1)。

図1●出力19.6MWの「七戸町卒古沢太陽光発電所」
(出所:シン・エナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング