探訪

大型重機3台を常備して除雪、七戸町のメガソーラー(page 5)

土木造成の工夫で雪国でも過積載率1.3倍を確保

2020/02/10 05:00
金子憲治=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

離隔距離4.2mで大型重機を活用

 実は、シン・エナジーでは2017年12月、岩手県滝沢市に「滝沢市太陽光発電所」を稼働している。パネル出力8.82MWで同社として初めての特別高圧送電線に連系するメガソーラープロジェクトだった。

 「滝沢市太陽光発電所」でも、太陽光パネルは韓国LGエレクトロニクス製、PCSはTMEIC製を採用したが、パネル1枚の出力は315Wから340Wに伸び、PCSは、定格出力750kW機から同1667kW機になっている。TMEIC製PCSの750kW機では筐体に収納するタイプだったが、1667kW機では、屋外設置可能なタイプになっている。

 同発電所の架台は、パネル横置き4段のアレイ構成で、設置角30度、設置高は約1.1mに設計していた。「七戸町卒古沢太陽光発電所」は、この滝沢サイトの設計をベースに、さらに設置高を10cm高くした。

 滝沢市は、七戸町ほど雪が多くないことから、こうした仕様でも、冬の間に1回も除雪作業をしないという前提で設計した。

 だが、実際には、大雪が続くとパネル下の雪山を取り除く作業が必要になることがあり、その際、滝沢サイトでは、アレイとアレイの離隔距離が3m台のエリアもあり、大型重機が使いにくいことがわかっていた(図7)(関連記事)。

図7●岩手県滝沢市に稼働中の「滝沢市太陽光発電所」
図7●岩手県滝沢市に稼働中の「滝沢市太陽光発電所」
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング