探訪

自律走行型ロボットが「ルンバ」のように草刈り、26台が走り回る福島のメガソーラー(page 2)

背の高い雑草が淘汰されて植生が変化、発電量も増加

2020/04/14 11:30
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 無人で敷地内を自律的に走り回り、草を刈るという仕様は、太陽光発電所の除草対策として、理想的なものだ。

 これら3カ所の発電所の敷地は、段差はあるものの比較的、平坦である。「ロボット除草機」にとって、こうした地形は重要で、大きな傾斜や凹凸が多い土地への導入はやはり難しい。

 採用したのは、企業の一般的な事業所や住宅の庭などで使われているロボット型「芝刈機」である。スウェーデンの林業・農業・造園向け機器メーカーであるハスクバーナが製品化した。

 今回のメガソーラーでは稼働当初、主に乗用型草刈機を使っていた。乗用型の利点は、刈り払い機に比べると、作業者の身体的な負担と除草作業の所要時間が少なくて済むことにある。実際、こうした利点は享受できたものの、課題もあった。

 まず、架台の下の雑草を刈るのが難しかった。福島県といっても、積雪が比較的少ない地域に立地しているので、アレイ(太陽光パネルの設置単位)の設置高は、雪国ほど高くしていない。太陽光パネル低部の高さは低いところで約40cm、高いところでも約60cm、太陽光パネルの設置角も20度に抑えている。

 このアレイの下を乗用型草刈機で走行するのは安全性のリスクが大きいと判断し、比較的、雑草が長く伸びた状態で運営していた。

 発電事業者は、アレイの下も含めて、発電所の全体をもっと簡単で確実に雑草を刈りたいと考えていた。この時に、ハスクバーナの機種を知った。

 日本法人のハスクバーナ・ゼノア(埼玉県川越市)が現地でデモンストレーションを実施し、効果や運用上の懸念が少ないことを確認し、2018年7~9月の間に、3カ所のメガソーラーに26台を導入した。導入ではリースを活用した。

 第1発電所と第2発電所に10台ずつ、第3発電所には6台を導入した。この台数の違いは、発電所の面積の違いによる。それぞれの発電所で、1台あたり約4000m2の範囲を除草する。プログラムの設定に基づいて、無人の状態でも自律的に日々、草を刈り続ける(動画2)。

動画2●無人でも自律走行するので太陽光発電所に向く

(出所:日経BP)

  • 記事ランキング