探訪

三重・南伊勢町のメガソーラー、固い岩盤に苦慮、8段の大面積アレイを採用できたワケ

休耕田や山林を地主が造成して活用

2020/04/28 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 三重県度会郡南伊勢町神津佐(こんさ)に、2つのメガソーラー(大規模太陽光発電所)がある(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●南伊勢町神津佐の2カ所のメガソーラー、上が第1、下が第2
(出所:三交不動産)
クリックすると拡大した画像が開きます

 太陽光パネルの出力が約2MW、パワーコンディショナー(PCS)の定格出力が1.5MWの「南伊勢神津佐メガソーラー第1発電所」と、パネル出力・約14.7MW、PCS出力・11.25MWの「南伊勢神津佐メガソーラー第2発電所」である。

 第1発電所は2016年9月の稼働以来、約3年半が経ち、第2発電所は2020年3月に稼働したばかりとなっている。いずれも三重交通グループホールディングスの事業会社である三交不動産(津市)が開発・運営している。

 同社は、地元の三重県内に集中して多くの太陽光発電所を開発・運営している(関連コラム:アレイ間「1m」、セグウェイと乗用型草刈機が活躍、松阪の特高メガソーラー)。稼働済みの太陽光発電所は、28カ所・合計出力約104MWに達している。年間発電量の合計は、一般家庭約3万5200世帯分の消費電力に相当する、約1億2678万kWhを見込んでいる。

 このほか、建設中の太陽光発電所が5カ所・合計出力約10.9MWとなる。

 今後は、稼働済み・未稼働にかかわらず、他社が開発を手掛けた太陽光発電プロジェクトでも、自社の基準に合う案件があれば、買い取って事業化することも選択肢という。

  • 記事ランキング