探訪

長崎で地元企業が試行錯誤、30MW空港メガソーラーの4年

ドローンは朝6時まで、出力抑制は九電による制御が有利?

2020/06/02 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 長崎空港は、世界初の海上空港として知られる。長崎県の中央部にある大村湾内に位置する。九州本土の大村側の海岸から約1km先にある箕島(みしま)に開発され、1975年に開業した。

 箕島の丘を切り崩し、その土砂で大村側の海を埋め立て、そこに滑走路や空港ビルなどの施設が建設された。

 この長崎空港の隣接地に、連系出力約24MW、太陽光パネル出力約30MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「SOL de 大村 箕島」がある(図1)。2016年8月に売電を開始し、約3年10カ月が経過している。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●長崎空港の隣に立地
(出所:上はチョープロ、そのほかは日経BP)

 長崎県内で稼働済みの太陽光発電所として最大規模となっている。経済産業省が認定済みの未稼働案件を合わせても、県内でこれ以上の規模は、宇久島の連系出力400MW、太陽光パネル出力約480MWのみである(関連ニュース:宇久島の480MW、営農型は「1~2割」に、パワコンはTMEICなど検討)。

 また、稼働時には「飛行場に隣接する太陽光発電所ではアジア最大級」としていた。

 稼働後の発電量は月によって差はあるものの、年間を通してみると安定的といい、どの年も計画時の予想である約3700万kWhに対して、5~10%ほど上振れしている。

 液化石油(LP)ガスなどを手掛けるチョープロ(長崎県長与町)と、太陽光パネルメーカーのソーラーフロンティア(東京都港区)が共同で開発・運営している。発電事業者は、両社が折半出資して設立した特定目的会社(SPC)、長崎ソーラーエナジー(長与町)となる。

 チョープロとソーラーフロンティアは太陽光発電事業で密接に連携してきた。

 チョープロは、地元の長崎を中心に多くの太陽光発電所を開発・運営している、地域に根ざした太陽光発電事業者の1社である。県内初のメガクラスとなった太陽光発電所も同社の案件で、これまで17カ所・合計出力約53MWの発電所が稼働している(関連コラム:自衛隊の演習場と隣り合う、佐賀・嬉野のメガソーラー)。

 当初から、すべての発電所でソーラーフロンティア製の太陽光パネルを採用し続けてきた。チョープロのLPガスなどの仕入れ先だった昭和シェル石油(現・出光興産)が、ソーラーフロンティアの親会社という縁があった。

 チョープロがはじめて太陽光発電所の開発を手掛けた時、技術面はソーラーフロンティアが支えた。ソーラーフロンティアが発電所の基本設計や仕様を立案し、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用、EPCサービスの九電工がこの案を引き継いで施工した。

 こうした経緯から、チョープロはその後もソーラーフロンティア、TMEIC、九電工との連携を基本に太陽光発電所を次々と地元で開発していった(図2)。

図2●長崎空港隣の発電所におけるソーラーフロンティア製の太陽光パネルとTMEIC製のPCS
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング