探訪

1つの池に2つの水上メガソーラー、高松市の「小田池」

11カ所の水上案件を事業化した太陽HD、アジア拠点の屋根上にも着手

2020/06/16 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 香川県高松市にあるため池「小田池」で2019年12月、太陽光パネルの出力約2.845MW、連系出力1.99MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「小田池水上太陽光発電所」(図1)が商業運転を開始した。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●カモなどの水鳥の憩いや子育ての場ともなっている
小田池水上太陽光発電所(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ため池を活用し、太陽光パネルを水面に浮かべた水上設置型のメガソーラーで、発電事業者は、太陽ホールディングス(太陽HD)の子会社である太陽グリーンエナジー(埼玉県嵐山町)出資による特定目的会社(SPC)となる。

 固定価格買取制度(FIT)に基づく売電単価は21円/kWh(税抜き)で、四国電力に売電している。年間発電量は約402万kWhを見込んでいる。

 太陽グリーンエナジーにとって、11カ所目の太陽光発電所の稼働となった。すべて水上太陽光発電所である。11カ所の合計年間予想発電量は、約20GWhに達する。

  • 記事ランキング