探訪

雑草を「クルマで押し潰す」手法も、対策を模索する北海道浦幌町のメガソーラー

年ごとに対策を変え、今年は全面的に刈り込む

2020/06/30 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 北海道十勝郡浦幌町に、太陽光パネルの出力約1.95MW、パワーコンディショナー(PCS)の出力1.75MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「PVNext EBH 浦幌第一発電所」がある(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●PVNext EBH浦幌第一発電所
(出所:エンバイオ・ホールディングス)

 2017年2月に売電を開始した。これまでの運用で分かってきたのは、まず積雪期の発電量が多いことである。十勝地方は比較的、降雪の少ない地域であること、さらに、積雪期に晴天が多く空気が澄んでいる日が多いために、ほかの季節に比べて太陽光パネルへの入射量がさらに多くなるためと推測している(前回のメガソーラー探訪)。

 一方で、予想していた以上に雑草が多く、その対策を模索し続けている。雑草の伸びる状況に合わせて、毎年異なる対策を実施してきた。これから迎える2020年夏は、4回目の除草シーズンとなる。今回は、主にこの雑草対策を紹介する。

 浦幌町のメガソーラーを運営しているのは、土壌汚染対策を手がけるエンバイオ・ホールディングス(以下、エンバイオHD)である。事業主体は特定目的会社(SPC)のアルタイル・ソーラーとなる。

 エンバイオHDは現在、国内において30カ所・合計出力約36.239MWの太陽光発電所を運営している(図2、関連コラム:茨城県守谷市の物流施設の屋根上)。

図2●各地で太陽光発電所を運営
(出所:エンバイオ・ホールディングス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 このほか、中東でも開発をはじめている。ヨルダンにおいて、井戸の汲み上げに太陽光発電を活用する事業を立ち上げた(関連ニュース)。トルコでもバイオガス発電所の開発に着手している。

 国内で運営している太陽光発電所は、自社単独での開発のほか、提携先企業と共同開発した発電所、他の企業が開発して稼働した後に買い取った、いわゆるセカンダリー市場で入手した案件もある。

 浦幌町のメガソーラーは、ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)と合弁でSPCを設立して事業化した。稼働後にネクストエナジーの保有分を買い取り、エンバイオHDの100%子会社となった。

 EPC(設計・調達・施工)サービスは、札幌に本拠を置く双葉工業社が担当した。

 太陽光パネルは中国UPSolar製、PCSは東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を導入した。

  • 記事ランキング