探訪

雑草を「クルマで押し潰す」手法も、対策を模索する北海道浦幌町のメガソーラー(page 4)

年ごとに対策を変え、今年は全面的に刈り込む

2020/06/30 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

3年前の夏、委託した外部企業が音を上げる

 3回目の夏を迎えた2019年は、外部の企業に委託することにした。エンバイオHDと取引のあった北海道の企業に委託した。

 雑草の状況は敷地内で濃淡があり、さらに予算に限りがある中での依頼のため、条件を明確にして依頼した。

 費用は「20万円×3日間」で、最優先する範囲を「太陽光パネル低部の前と下」と指定した。そのほかは、委託先の企業の判断に任せた(図7)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図7●外部に委託することにした
(出所:エンバイオ・ホールディングス)

 この除草では、エンバイオHDにとって、目的を達することができた。しかし、委託された企業は、作業の負担が重いと音を上げた。この企業は、刈払機で作業していた。

  • 記事ランキング