探訪

養鶏地帯に立地する垂水市のメガソーラー、「鶏に配慮も、恩恵も受ける」

調整池には鳥インフル対策、アクセス道は災害時に早期復旧

2020/09/15 06:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 鹿児島県南部、錦江湾の東にある大隅半島に「高峠」と呼ばれる山地がある。垂水市(たるみずし)に立地する。

 この峠の山腹に、太陽光パネルの出力約9.65MW、連系出力8.1MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「垂水高峠太陽光発電所」がある(図1)。

図1●太陽光パネルの出力約9.65MW、連系出力8.1MWの垂水高峠太陽光発電所
(出所:BCPGジャパン)
クリックすると拡大した画像が開きます

 発電所としては1カ所だが、7カ所の土地にわかれている。合計で約13万m2となっており、発電設備はそれぞれの土地に分散して配置されている。いずれも垂水市が所有している土地で、峠の地形を生かした標高550mにある「高峠つつじヶ丘公園」の近隣にある。

 固定価格買取制度(FIT)に基づく売電を開始したのは2015年8月31日、FITに基づく売電単価は40円/kWhで、丸5年が経過している。

 このメガソーラーを開発・運営しているのは、タイ系のビーシーピージージャパン(BCPGジャパン:東京都港区)である。

 同社は、タイの石油大手Bangchak Petroleumグループで再生可能エネルギー開発を手掛けるBCPGの日本法人。同社は、元は米SunEdisonの日本法人で、国内で発電プロジェクトを開発していた。SunEdisonの経営破綻を機に2016年2月にBCPGが買収し、稼働中・開発中の案件を引き継いだ。

 同社にとって、初めて稼働した特別高圧送電線に連系するメガソーラーだった。

 EPC(設計・調達・施工)サービスは、JFEプラントエンジ(東京都台東区)が担当した。O&M(運用・保守)は、自社グループのビーシーピージーエンジニアリング(BCPGエンジニアリング:東京都港区)が担っている。

 太陽光パネルは中国のChint Solar(Astronergy)製を採用した。合計で3万7656枚と数量が多いこともあって、単一の製品ではなく、出力が異なる複数種の製品にわかれた。出力が低い順から、250W/枚が456枚、255W/枚が2万5512枚、260W/枚が1万1688枚となっている。

 パワーコンディショナー(PCS)は、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。こちらは定格出力750kW・直流入力電圧1000V機「PVL-L0750E」を12台設置した。

 連系出力は8.1MWなので、12台の定格出力750kW機をそのままフル出力で運用すると、9MWとなって連系出力を超えてしまう。このため一部の出力を絞って運用することで、合計で8.1MWの出力に下げて運用している。

 具体的には、フル出力の750kWで運用しているのが5台、712.5kWに絞って運用しているのが4台、500kWに絞って運用しているのが3台となっている。

 TMEIC製のこの機種ではこうした運用が可能な上、電力会社との連系協議においても、同社のこれまでの実績に対する信頼感やサポート力によって、こうした運用が受け入れてもらいやすかったようだ。

 稼働して5年間の発電量は、おおむね好調に推移している。

 発電量の傾向は、同じ鹿児島県内にあるミドルソーラー(関連コラム:「刑務所」に隣接する湧水町のミドルソーラー、その利点は?)と同じように、太陽光パネルなど発電システムの劣化は感じていないという。天候の影響の方が大きく、発電量が年によって1割程度変わる。2017年が最も多かった。2020年はこれまでのところ例年より少ない傾向で、曇りが多いうえ九州電力による出力制御指令が増加している影響も大きいという。

  • 記事ランキング