探訪

積雪地での「両面ガラス・両面発電」の効果は? 十勝の地場企業によるメガソーラー

太陽光パネルの交換で苦慮、除雪では新手法を積極的に導入

2020/11/30 06:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 国内有数の農作・牧畜地域である北海道・十勝地域にある清水町に、太陽光パネルの出力が約1.39MW、連系出力が1.0MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)がある(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●「ティー・ワイ 十勝清水太陽光発電所」
(出所:上はティー・ワイ、下は日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 メガソーラーを開発・運営しているのは、ティー・ワイ(北海道更別村)となる。同社は、土木資材の生産・販売などから、酪農家向けの敷料製造、木質バイオマス発電所への原料供給、首都圏でのICT(情報通信技術)のシステム構築(SI)などにも業容を広げている。土木・建設の山内組(同)をなどからなるグループで、十勝を地盤に展開している。

 同社によるメガソーラー開発の特徴は、地域に根差している点である。土地は、所有している砂利採石場の跡地などを活用してきた。

 ティー・ワイはこれまで、グループ会社の所有分を含めて、高圧配電線に連系するメガソーラーを8カ所、開発・運営している(関連コラム1:台風で水没した帯広のメガソーラー、復旧までの苦難、同コラム2:更別村の地域密着型メガソーラー)。

 このほか、低圧配電線に連系する案件も開発・運営しているほか、他社のメガソーラー開発も担ってきた。

 他の企業が開発を進めていた案件を途中で取得し、事業化する例も出てきた。2017年3月に、北海道中川郡幕別町において稼働した、太陽光パネル出力が約1.29MW、連系出力が995kWの発電所である(図2)。発電事業者は山内組となっている。

図2●他社が開発を進めた案件を買い取って事業化
(出所:ティー・ワイ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 幕別町の発電所は当初、北海道電力との連系協議の中で、接続の見通しが立ちにくい状況だった。十勝地域の多くのメガソーラー開発で、このような例は多い。

 ティー・ワイの他の高圧案件も同様で、同社はこうしたローカルな連系の制約を乗り越えて、連系先となる北海道電力の配電線が接続可能になる時期を待ち、8カ所のメガソーラーを開発してきた。

 地元で土木・建設企業を持つグループであることから、北海道電力から連系可能な時期の目安が示され次第、その時期に合わせて施工を進めるといった調整がしやすい。

 ティー・ワイの案件では、施工は山内組が担当することが多い。電気工事については、初期の案件では外注してきたが、現在は新たに買収してグループに加わった双栄電気工業(北海道中札内村)が担っている(図3)。これによって、グループ企業による一貫した開発・運営体制を整えている。

図3●電気工事まで自社グループで可能に
(出所:ティー・ワイ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 基礎や架台も近隣地域の企業から調達するなど、地元とのつながりを生かして開発してきた。ただし、最近では、顧客の発電所の低コスト化の要求に対して、海外企業製の杭基礎や架台を採用することも出てきている。

  • 記事ランキング