探訪

特高送電線「線下地」のミドルソーラー、影や電磁誘導の影響は?

「防草シート+砕石」で、雑草の抑制に効果

2020/12/23 06:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 岡山県倉敷市の臨海工業地域、中国電力の火力発電所にほど近い場所に3つの太陽光発電所がある。

 3カ所とも特別高圧送電線の「線下地」を活用している点に特徴がある。線下地とは、送電線が空中を通っている真下の細長い土地で、遊休地になっていることも多い(図1)。

図1●左から玉島第1、玉島第2、水島の太陽光発電所
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●左から玉島第1、玉島第2、水島の太陽光発電所
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●左から玉島第1、玉島第2、水島の太陽光発電所
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●左から玉島第1、玉島第2、水島の太陽光発電所
(出所:SSG)

 2カ所は倉敷市玉島の乙島地区に立地する。太陽光パネルの出力が約1.82MW、連系出力が1.5MWの「玉島第1太陽光発電所」と、太陽光パネルの出力が約871.5kW、連系出力が750kWの「玉島第2太陽光発電所」である。

 もう1カ所は、玉島乙島から東に数km離れた同市児島に立地する、太陽光パネルの出力が約819.5kW、連系出力が750kWの「水島太陽光発電所」である。

 数百kW程度のミドルソーラーと呼ばれる規模が2カ所、1MWを超えるメガソーラー(大規模太陽光発電所)が1カ所で、鉄塔と鉄塔の間に挟まれた線下地1カ所に目一杯、太陽光パネルを並べるとこの規模のミドルソーラーになり、「玉島第1」の約1.8MWは複数の線下地にまたがることでこの規模を実現した。

 いずれも、発電事業者は中国電力グループのエネルギア・ソリューション・アンド・サービス(広島市、以下ESS)となる。ほぼ同時に開発して2016年8~11月に稼働し、4年以上が経過した。

 EPC(設計・調達・施工)とO&M(運用・保守)サービスは自社で担い、太陽光パネルは三菱電機製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。

 ESSの太陽光発電所は、このように自社で開発からEPC、O&Mまで手掛け、三菱電機製の太陽光パネル、TMEIC製のPCSを選ぶことで共通している。

  • 記事ランキング