探訪

津の51MWに見る、オリックスの「デジタル・メガソーラー管理術」

作業の工夫で年1億円の増収、さらに1~2億円増の改善余地

2021/04/13 06:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 三重県津市の山あいに、出力約51MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「オリックス51M津メガソーラー発電所」がある(図1)。2016年5月に稼働してから、約5年が経過している。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●ドローン点検を実施した「オリックス51M津メガソーラー発電所」
図1●ドローン点検を実施した「オリックス51M津メガソーラー発電所」
(出所:日経BP、下はオリックス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 津市白山町にあるゴルフ場の跡地を用地とし、元の傾斜や起伏を生かしたまま、約112万5000m2の土地に、20万4120枚の太陽光パネルを並べた(稼働直後の関連コラム1:「1ホールで1MW」の常識を超えた、三重最大の「18ホール・51MW」メガソーラー、同コラム2:「稼働1年以上前から作業」、津の51MWに見るメガソーラーの竣工検査)。

 太陽光パネルの出力は約51.03MW、連系出力は42MWとなっている。

 年間発電量は約5726万6000kWh(初年度)を見込み、固定価格買取制度(FIT)による売電単価は36円/kWh(税抜き)で、中部電力に売電している。

 発電事業者は、オリックスが出資している特定目的会社(SPC)の「ORソーラー・エイト」となる。

 太陽光パネルは東芝製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。

 O&M(運用・保守)サービスは、中部電力グループの電力設備工事会社であるトーエネックが担当している。同社は設計・施工も担当した。

 このメガソーラーにおいて2020年10月、ドローン(無人小型飛行体)を使った太陽光パネルの点検が実施された。

 ドローンに搭載した赤外線カメラで上空から撮影した熱分布の画像から、平常に比べて温度の高い過熱している太陽光パネルやセル(発電素子)を発見する。

  • 記事ランキング