探訪

「山間メガソーラー」における先端的O&M、久米南町サイトの5年

斜面でもドローン活用、クラスター断線を効率的に特定

2021/05/26 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

ゴルフ場跡活用の先駆け

 固定価格買取制度(FIT)によって、国内に数十MW規模のメガソーラー(大規模太陽光発電所)が次々と建設されている。その背景には、1990年代初頭にバブル経済が崩壊したことなどで、国内にゴルフ場などリゾート開発の跡地が多くあったこともある。

 岡山県久米南町に稼働している「パシフィコ・エナジー久米南メガソーラー発電所」は、その先駆けといえる。ゴルフ場の開発跡地である約118haもの敷地に、約11万枚の太陽光パネルを並べた。太陽光パネルの出力は約32MW、連系出力は約26MWに達する。2014年6月に着工し、2016年3月に運転を開始した(図1)。

図1●パシフィコ・エナジー久米南メガソーラー発電所
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 事業開発から、稼働後のアセットマネジメントは、パシフィコ・エナジー(東京都港区)が担当している。事業主体のSPC(特別目的会社)に対し、三菱東京UFJ銀行と中国銀行によるプロジェクトファイナンスを組成し、110億円の融資を受けた。

 太陽光パネルは中国・インリー・グリーンエナジー製(300W/枚)、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製(630kW機)を設置した(関連記事)。

  • 記事ランキング