探訪

カーポート型の先駆け、「パネル交換は1枚のみ」、甲府のメガソーラーの6年半

フンの汚れに懸念も、洗浄要らず

2021/06/15 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 山梨県甲府市、中央自動車道の甲府南インターチェンジの近くに、協和エクシオの甲信支店がある。笛吹川や小瀬スポーツ公園に近く、同公園にはサッカー・Jリーグのヴァンフォーレ甲府のホームスタジアムがある。

 甲信支店の敷地内には、連系出力1MW、太陽光パネルの出力約1064.1kWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「小瀬ソーラー発電所」がある(図1)。2014年12月に売電を開始してから、約6年半が経過した。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●建物の屋根上だけでなく、駐車場にカーポートを建てて太陽光パネルを設置した
協和エクシオの甲信支店内のメガソーラー。一部、地上にも設置している(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 メガソーラーを構成している4434枚の太陽光パネルのうち、約3000枚は建物の屋根上と、駐車場に設置された屋根の上に並んでいる。いわゆる「カーポート型」の先駆けとなった発電設備といえる。

 カーポートは、太陽光パネルを載せるために新設した。

 協和エクシオは、電気通信関連インフラを手がける大手である。同社は、本業の知見を生かせる太陽光発電所のEPC(設計・調達・施工)サービスに加えて(関連ニュース:「太陽光+蓄電池」で完全オフグリッド、郡山に施工)、発電事業にも取り組んでいる。

 国内で10カ所以上の太陽光発電所を運営し(関連コラム:千葉に深い傷跡を残した台風15号、翌日の東金市のメガソーラーの状況は?、同コラム:大雪には耐えるも、「二枚貝」でパネル数十枚が割れた、松江のメガソーラー)、甲信支店内の「小瀬ソーラー発電所」もその1つである。

 売電を開始してからの発電量は、月ごとなどで多少の増減はあるものの、年間でみると大きく増減することはなく、安定して推移しているという。どの年も前年に比べてほぼ±5%以内に収まっているという。

 例えば、昨年は、例年に比べて梅雨が長かった。このため、4~6月は、例年に比べて発電量が少なかった。しかしその後、盛り返すように発電量が増え、年間を通してみると、前年の2019年より発電量が多くなった。

 月別では、例年、最も発電量が多いのが5月、次いで9月となっている。その間の3カ月は、それよりわずかに落ちる程度という。

 結晶シリコン型の太陽光パネルは、気温が25℃を超えると、発電効率が下がる。甲府は最高気温の高い日が多く、全国で最高気温を記録するような日があり、天気予報やニュースで報じられることも多い。それでも、高温の時期に、それほど大きく発電効率が下がっているようには感じないという。

  • 記事ランキング