探訪

カーポート型の先駆け、「パネル交換は1枚のみ」、甲府のメガソーラーの6年半(page 3)

フンの汚れに懸念も、洗浄要らず

2021/06/15 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 カーポートといっても、建築基準法上の建物として作られ、一般的に想像するものよりは見るからに頑丈である(図3)。設計時には、過剰に強固なのではないかという議論もあったようだ。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図3●強固な構造のカーポート
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 支柱は太く、2台分の駐車スペースごとに建っている。大きな車両が駐車するのに十分な幅があり、クルマの出入り時に不都合を感じることはほぼなく、程よい間隔になっているという。

 高所作業車が駐車している場所では、さらにカーポートの背丈を高くしている。

 柱が太いことで、見えやすい効果も大きいという。接続箱は、カーポートの支柱に固定されている。

 建物屋根に並べた太陽光パネルは、3種類の方法で設置されている(図4)。いずれも地上設置型と同じように、基礎と架台が設けられ、そこに太陽光パネルが固定されている。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図4●建物の屋根上では3種類の方法で太陽光パネルを設置
(出所:日経BP)

 設置当時は、屋根への太陽光パネルの固定方法が確立されておらず、いずれも鋼製の架台を使い、架台の構成やパネルの固定方法を変えて検証する狙いがあった。3種類とも強固で、現在までトラブルなどはないという。

  • 記事ランキング