探訪

「接続箱のスイッチまで備蓄」「積雪は比較的少ない」、飯田の里山のメガソーラーの7年

防草シートの効果は持続

2021/06/29 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 長野県飯田市の山あいに、連系出力・太陽光パネルの出力ともに約1MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「第一実業飯田太陽光発電所」がある(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●出力約1MWの「第一実業飯田太陽光発電所」
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 発電所名の通り、産業機械などを中心とする総合機械商社の第一実業が開発・運営している。2014年3月に稼働を開始してから、7年以上が経過した。

 同社は、飯田市のサイトのほか、茨城県笠間市にある出力約1.5MWのメガソーラーを開発・運営している。このほか、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー発電システムの販売なども手掛けている。

 「飯田太陽光発電所」は、飯田市の川路地区にある里山の中腹に立地する。川路地区は、「川の路」の地名のとおり、天竜川に接した低地が多い。

 これまで度々、洪水で被災した地域でもある。最寄り駅であるJR飯田線の川路駅は、水害を防ぐために、開設当初の場所から移設するなど、対策が講じられてきた。

 メガソーラー用地に活用したのは、治水対策に使う土砂の採取地だった。飯田市が所有し、工業用地として整備された場所だが、道路を挟んで田畑が続いており、のどかな里山の一角という風情である(図2)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図2●周囲に田畑が続いていることからも、日射量に恵まれていることがわかる
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 この土地の上にある高台には、飯田市と中部電力による出力1MWの「メガソーラーいいだ」がある。このように飯田市は再エネの導入に早くから積極的だった上、「メガソーラーいいだ」の実績から周辺住民の理解を得やすく、第一実業が飯田市からこの土地を借りてメガソーラーを建設した。

  • 記事ランキング