探訪

「高圧」「低圧」まとめて管理、南アルプス市の太陽光

設備利用率に勝る「高圧」、小型PCSは不具合で交換も

2021/08/11 18:00
金子憲治=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

日照量は国内トップクラス

 山梨県南アルプス市は、赤石山脈(南アルプス)の山麓に位置する。東には国内2位の高峰・北岳がそびえ、西には果樹栽培の盛んな扇状地が広がり、甲府盆地の一部をなす。山に囲まれて雨雲が届きにくく、年間を通じて晴れが多い。甲府盆地の日照量は国内でもトップクラスで、その立地が買われて国によるメガソーラー(大規模太陽光発電所)の実証サイトが運営されたこともある。

 盆地を流れる釜無川(富士川)は、戦国時代に武田信玄が築いた信玄堤による治水で知られる。かつて堤防のあった近くの川沿いには現在、「信玄堤公園」があり、河川敷には、丸太を三角に組んで水の勢いを弱める「聖牛(ひじりうし)」が設置されている(図1)。

図1●釜無川沿いの信玄堤公園にある木製の堰「聖牛(ひじりうし)」
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 同公園から下流に約5km下った川沿い、釜無川の堤防と桜並木のある小道に挟まれた長方形のエリアに、太陽光パネルが整然と並んでいる。パネル横置き、4段(枚)組みのアレイ(パネルの設置単位)が堤防道路から見渡せる(図2)。

図2●堤防道路から見た太陽光発電所の全景
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 アレイ構成はほとんど同じだが、北側の川に近いアレイは、太陽光パネルの設置角が少し低く、フェンスで細かく区切られている。実は、これらのパネル群は、出力2.5MWで高圧配電線に連系するメガソーラー「南アルプス太陽光発電所」と、低圧配電線に連系する50kW未満の小規模太陽光発電所14区画からなる「南アルプスソーラーパーク」なのだ(図3)。

図3●堤防道路から見ると手前に「低圧」、奥に「高圧」サイトが見える
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング