探訪

わずか1年でヤギが倍増、将来はチーズ製造も、長崎・柿泊町のメガソーラー

1年で7頭から13頭に、農業ビジネスとの連携も模索

2021/08/31 05:00
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 長崎市柿泊町の山あいに、出力約1.9MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「SOL de 長崎 柿泊」がある。この発電所では13頭のヤギが日々、雑草を食べている(図1)。

図1●ヤギが群れる様子は牧場のよう
(出所:チョープロ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 メガソーラーを開発・運営しているのは、地元で液化石油ガス(LPG)などを手掛けるチョープロ(長崎県長与町)である。

 同社は、地元の長崎を中心に多くの太陽光発電所を運営している。地域に根ざした太陽光発電事業者の典型といえる。県内初のメガクラスとなった太陽光発電所も同社の案件である。

 同社の太陽光発電所の開発方針には、近隣地域のみで開発することのほかに、EPC(設計・調達・施工)サービス、太陽光パネルとパワーコンディショナー(PCS)メーカーの枠組みを変えず、信頼を深めた関係の中で連携して開発し続けていることがある。

 EPCサービスは九電工が担い、太陽光パネルはソーラーフロンティア製、PCSは東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用し、この3社による連携を基本に開発してきた。柿泊のメガソーラーも、この枠組みで開発した。

 太陽光発電については、自社による新規案件の開発がひと区切りした。今後は、稼働済みで一定期間、安定稼働した実績がある案件を購入する、いわゆるセカンダリー市場を通じた取得を試みていく。

 同社の場合、地域新電力も運営している。固定価格買取制度(FIT)による売電期間が終了した後、地域の電源として太陽光発電所を積極的に取り込んで、再エネ比率ができるだけ高い電力を安く提供していきたいという方針がある。

 また、最近では、バイオガス発電やバイオマス熱供給にも注力している。バイオガス発電所「久留米バイオパワープラント」が、2020年に稼働した(図2)。

図2●牧場内の堆肥設備の隣に建つ
バイオガス発電所「久留米バイオパワープラント」 (出所:チョープロ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 福岡県久留米市にある牧場内に立地し、堆肥設備の隣に建つ。この牛の糞尿や食品の残渣などの嫌気発酵で取り出したメタンガスを燃料とする。残った発酵残渣は、地域の農家の肥料に使う。

 定格出力は370kWで、年間発電量は一般家庭約700世帯分の消費電力に相当する、275.5万kWhを見込んでいる。FITによる売電単価は39円/kWh(税抜き)となっている。

 このほか、木質バイオマスによる熱供給のプロジェクトも事業化を検討している。同じ長崎県内の企業との共同事業を構想し、2023年に稼働を予定している。既存の施設内における熱供給を、重油によるボイラーから木質バイオマスによるボイラーに変える。

 小型の設備となることから、熱電併給(コージェネレーション)システムにすると効率などの理由から採算が合いにくいため、熱供給のみに絞って検討している。熱電併給にしてFITで売電した場合、買取期間が終了した後の事業性も課題となる。

 熱供給のみの場合、FITの案件に課されている燃料の区分や制約がない。例えば、木質バイオマスの材料として建材なども利用できる。この燃料選択の広さが魅力となる。

 さらに、風力発電では、長崎県対馬市による事業性評価のプロジェクトに関わっている。対馬沖における浮体式の洋上風力発電の導入を模索するもので、対馬市が環境省の補助を活用して実施している。

  • 記事ランキング