探訪

阿蘇のメガソーラーの6年、雨水対策を強化、降灰の影響は?

SunEdisonが開発・稼働、タイのBCPGが日本法人ごと買収

2021/09/28 17:33
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 阿蘇山は、標高が1592mで、広大なカルデラを擁する。その外輪山に近い高原の地域に、連系出力が1MW、太陽光パネルの出力が約1.278MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)がある(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●熊本県阿蘇郡高森町にある。奥に阿蘇山が見える
図1●熊本県阿蘇郡高森町にある。奥に阿蘇山が見える
(出所:BCPGジャパン)
クリックすると拡大した画像が開きます

 発電所の名称は「高森太陽光発電所(S-11 TAKAMORI発電所)」で、固定価格買取制度(FIT)に基づく売電単価は40円/kWh(税抜き)、売電を開始した2015年2月から丸6年半が経過している。

 この太陽光発電所を運営しているのは、タイ系のビーシーピージージャパン(BCPGジャパン:東京都港区)である。

 同社は元々、米SunEdisonの日本法人で、国内で発電プロジェクトを開発していた。SunEdisonの経営破綻を機に、タイの石油大手Bangchak Petroleumグループで再生可能エネルギー開発を手掛けるBCPGが、この日本法人を2016年2月に買収し、稼働中・開発中の案件を引き継いだ(パーワン・サイアムチャイ(Pavan Siamchai)社長のインタビュー)。

 高森太陽光発電所は、SunEdisonの日本法人時代に稼働した3カ所の太陽光発電所のうちの1つである。残りの2カ所は、鹿児島県湧水町にあるミドルソーラー(関連コラム:「刑務所」に隣接するミドルソーラー)、宮崎県小林市のメガソーラーである。

 発電事業者は、BCPGジャパンが所有している特定目的会社(SPC)となる。BCPGジャパンでは、SunEdisonの日本法人時代から、発電所の規模に関わらず案件ごとにSPCを設立して事業主体としている。

 SunEdisonの日本法人時代に稼働した案件のため、EPC(設計・調達・施工)とO&M(運用・保守)サービスをサンエジソン建設(現・ビーシーピージーエンジニアリング)が担当し、太陽光パネルもSunEdison製を採用するという点が、特徴の1つとなっている(図2)。

図2●SunEdison製の太陽光パネル
図2●SunEdison製の太陽光パネル
(出所:BCPGジャパン)
クリックすると拡大した画像が開きます

 パワーコンディショナー(PCS)は、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。

 稼働後の発電量は、月ごとに増減はあっても年単位でみると比較的、安定している。ただし、2018年までは140万kWh台で推移していたが、2019年と2020年は130万kWh台、133万kWh台と、基準となる水準が下がってきた。

 130万kWh台でも、事業計画時の年間発電量に比べると大幅に高い水準となっている。

 とはいえ、年間でこれまでとは10万kWh単位で下がったのには、天候のほかにも原因がある可能性もある。その1つに、九州電力送配電による出力制御(出力抑制)があるのではないかと考えている。

 この発電所では、例えば、2019年は4月~12月に11回、さらに2020年は4月~12月に13回、翌3月までにさらに8回が加わって、年度を通じて合計21回の出力抑制を受けた。

 初期の案件のため、年間で最大30日まで無補償で出力が抑制される「30日ルール(旧ルール)」を条件に連系している。

 「30日ルール」の太陽光発電所は、出力抑制の対象となる前日の午後、九州電力送配電側から連絡が入り、翌日の「8時~16時」の間、発電を停止するように求められる。発電事業者は、この指示に従って翌日の8時~16時の間、自ら設備を操作してすべてのPCSの稼働を止める。

 高森の太陽光発電所でも、出力抑制の対象となった当日は、「8時~16時」といった日中のほぼ1日、売電を止めていた。

 一方、「無制限・無補償」の出力抑制が連系の条件となっている太陽光発電所では、九州電力送配電側が直接、出力を抑制するオンライン制御が導入されている。

 オンライン制御の場合、事前に発電事業者への連絡がなく、遠隔監視によって出力抑制の実施を知ることになる。また、オンライン制御では、現在は出力抑制の時間が3時間程度と短いことが多い。

 「旧ルール」のメガソーラーでも、対応したシステムを導入して九州電力側によるオンライン制御に移行した場合、同じように1回の出力抑制が3時間程度に留まることが多くなるため、現状では出力抑制量が減るとされている。

 SunEdisonの日本法人時代に稼働した3カ所の太陽光発電所については、PCSを改修し、オンライン制御への移行が完了した。

 高森の発電所では9月中旬に運用が始まり、例えば、「10:00~14:35」「10:30~13:05」など、従来に比べて1日当たりの出力抑制の時間が大幅に短くなっている。

  • 記事ランキング