探訪

ため池で15カ所、取引先にも再エネ電気を供給する二川工業製作所

思わぬ雑草、ヌートリアに苦慮、落雷で損傷も

2021/12/01 01:20
加藤 伸一=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 兵庫県稲美町にある天満大池は、人工的に築かれた農業用ため池としては県内最古といわれる。隣には、子池となる河原山池がある。河原山池は、天満大池の調整池の役割を担っている。

 この河原山池の水面を活用した水上メガソーラー(大規模太陽光発電所)が「河原山池水上太陽光発電所」で、太陽光パネルの出力は約1.428MW、連系出力が1.25MWとなる。

 2015年12月に発電を開始してから(関連コラム)、約6年が経過した現在、河原山池の水は抜かれている(図1)。堤体の大規模な工事のためである。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●水が抜かれた状態の「河原山池水上太陽光発電所」
図1●水が抜かれた状態の「河原山池水上太陽光発電所」
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 4年がかりの大規模な工事で、農地に水を供給する必要がない冬の間、水を抜いて堤体を工事する。春になると、再び水をためて天満大池の調整池としての機能を復旧する。これを4年間、繰り返していく。

 発電事業者は、建設機械や産業用ロボット・機械部品などを手がける二川工業製作所(兵庫県加古川市)である。米キャタピラーなどを主要顧客に抱えている。

 同社の太陽光発電事業は九州で始まり、その後、地元の兵庫県内においてため池の水面を活用する案件に移っていった。同社が兵庫で初めて稼働した水上案件が、河原山池の水上メガソーラーだった。

 河原山池の水上メガソーラーは美樹工業(兵庫県姫路市)がEPC(設計・調達・施工)サービスを担った。水面に太陽光パネルや接続箱を浮かべるためのフロートには、フランスのシエル・テール・インターナショナル製、太陽光パネルはシャープ製の水上専用の受注生産品、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。

 河原山池の水上メガソーラーは、当初から水を抜くことを想定した設計としていた。例えば、フロートを連結して構成した長方形状の「アイランド」を、段々にズレながら浮かべる構成とした(図2)。

図2●水のある時期の様子
図2●水のある時期の様子
(出所:二川工業製作所)
クリックすると拡大した画像が開きます

 導入コストや施工の効率を考えると、理想的な配置ではない。段々にズラした目的は、発電効率の高い真南に太陽光パネルを向けつつ、池の管理を阻害しないようにすることにある。今回のような定期的な堤体の改修工事の際の重機による作業を考慮した。

  • 記事ランキング