トラブル

「パワコンの基礎が傾き、法面は崩れ、布基礎が割れる」、熊本地震で被災したメガソーラー(前)(page 3)

パワコンは電気的にも故障、売電再開までに約3カ月間を要す

2019/06/20 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

布基礎が奏功、アレイの倒壊を免れる

 太陽光パネルの設置区域の中にも、地面が波打つ場所があった。こうした場所では、アレイ(太陽光パネルを架台に固定する単位)を支えているコンクリート基礎が、割れたり傾いたりした(図5)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図5●波打ったアレイと割れた布基礎
(出所:デンケン)

 城南藤山のメガソーラーでは、東西方向に長くコンクリートが伸びた形状の、いわゆる「布基礎」と呼ばれるタイプの基礎を採用している。

 布基礎は、東西方向の地盤沈下などに強いとされ、たとえ不等沈下した場合でも、コンクリートの長い基礎形状が生き、沈下した地面から浮かび上がるようなことがあっても、基礎は真っ直ぐの構造を維持できる可能性が高い。このため、架台やその上の太陽光パネルに、過剰な応力がかかることを防げる場合が多い。

 このメガソーラーでは、この効果が奏功し、布基礎の一部が割れたり傾いても、アレイの倒壊は免れた。

 この復旧では、一度アレイを持ち上げて、基礎と架台を接続するアンカーから架台を外し、再度、アンカーと架台の固定を調整し直すといった作業を経て、地震後の新たな地面の状態に合わせ、アレイを再び水平に近い状態に調整した(図6)。

図6●固定の工夫で波打ちを吸収
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング