トラブル

飯舘村のメガソーラーに直撃雷!? 接続箱2つで火災

2019/08/15 18:38
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

飯舘村も出資した復興メガソーラー

 8月9日、福島県飯舘村深谷に稼働中の1.5MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)で2回、火災が発生し、消防車が駆けつけて消し止めた。けが人はいなかった。接続箱2つと太陽光パネル数枚が焼損しており、村と南相馬署では、8日夕方の落雷が原因とみている。

 火災のあったメガソーラーは「深谷地区復興拠点エリア太陽光発電所」。飯舘村と東芝など民間企業による出資で設立した「いいたて深谷地区ソーラー合同会社(代表・菅野典雄村長)」が事業体になっている。国の復興支援補助金を活用して建設し、2016年5月に稼働した。売電収入は村の基金に組み入れられ、復興事業に使われている。

 東芝が設計・施工を担い、約2.7haの敷地に6930枚の太陽光パネルを設置した。パネル横置きで縦3段(枚)、横50~60列(枚)の長い構成のアレイ(パネルの設置単位)が、ほぼ長方形で平坦な敷地に45アレイ、整然と並んでいる。積雪に配慮し、架台最低部と地面までの設置高は約1.5m、設置角20度程度で、アレイの最高点は約2.5mになっている(図1)。

図1●県道沿いにある「深谷地区復興拠点エリア太陽光発電所」
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング