トラブル

モモンガやハクビシンが巣をつくる! 屋根上太陽光の思わぬ断線

エネテク 第30回

2019/08/22 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に設立された電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く担当してきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回、紹介するのは、鳥や小動物が、太陽光パネルの下を使って巣を作ることに関連する不具合事例である。住宅の屋根上で生じ、モモンガやハクビシンが原因となったとみられる(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●モモンガは夜に活発に行動する
今回、紹介した住宅付近とは異なる場所fで撮影(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 住宅の太陽光発電システムの発電量が従来よりも大幅に下がり、エネテクが調査を担当した。この住宅に向かい、状況を調べた。

 すると、太陽光パネルや接続箱、パワーコンディショナー(PCS)などには、問題がないことがわかった。そこで、電線やコネクタを介した接続に問題がないかどうか、調べてみた。

 住宅の屋根上の場合、電線やコネクタは、太陽光パネルと屋根が近接していることから、目視で確認することが難しい。これは、工場や倉庫の屋根上でも、ほぼ同じ課題となっている。

 エネテクの点検担当者が、こうした屋根の上に設置された太陽光パネルの下に隠れて見えなくなっている状態の電線を調べてみると、電線が断線したり、断線しかかっている場所がいくつか見つかった(図2)。電線とその周辺には、何か小動物の歯形のような跡があった。

クリックすると拡大した画像が開きます
図2●電線が齧られていた
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング