トラブル

竹が伸び、太陽光パネルを下から突き破る!?

エネテク 第31回

2019/09/05 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 このシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)サービスを担う中で対応してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に設立された電気設備工事会社で、太陽光発電の施工も多く担当してきた。O&Mサービスでは、点検時に原因分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 今回、紹介するのは、太陽光パネルの下の地面から、竹が伸び、太陽光パネルや電線などを損傷する恐れがある発電所の例である。

 他社がEPC(設計・調達・施工)サービスを担った太陽光発電所で、売電開始後の定期点検をエネテクが受託した。年に2回、点検するという内容で、まず発電設備を精密に点検し、その後、別の日に改めて発電所内を巡回する。

 定期点検を受託してから、エネテクの担当者が、はじめてこの太陽光発電所に向かい、現地を見てみると、すぐに驚くような光景を目にした。

 太陽光パネルの下の地面から、竹や笹が勢いよく伸びており、中には太陽光パネルの裏面まで達し、パネルに触れている箇所もあった(動画)。

動画●太陽光パネルの裏面に触れるほど伸びている
(出所:エネテク)
  • 記事ランキング