トラブル

台風15号で水上メガソーラーが損壊し火災、強風で流されパネルが折り重なる

2019/09/13 17:03
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

国内最大の水上メガソーラー

 台風15号が千葉県を通過した9月9日午後、千葉県市原市のため池「山倉ダム」の水面にある「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」で火災が発生した。台風の強風で、フロート架台が折り重なるように損壊し、その複数個所から発火し、炎と煙が立ち上った。

 同発電所は、水面に浮かべた太陽光パネルの出力は約13.7MWに達し、水上設置型の太陽光発電所では国内最大となる。2018年3月に運転を開始していた(図1)。

図1●完成直後の「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」
(出所:京セラ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 市原市消防局に火災発生の通報が入ったのは9日午後1時、現場には消防車7台、消防員21人が出動して消火に当たった。出火箇所に最も近い北側の岸から放水した。通常の消防車の放水距離(20~30m)では届かなったため、放水距離70~100mの能力のある大型放水砲搭載車(DHCU)を使って放水し、午後3時24分に消し止めたという。怪我人はいなかった。

 太陽光パネル火災への放水では、棒状の注水になった場合、消防員が感電する恐れがあるとされる。今回は、池の水をくみ上げて放水したが、消防員に感電はなかったという。放水距離が長く、放水先では水が霧状になったことも感電リスクを下げたと思われる(図2)。

図2●架台が折り重なっている部分から出火した
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング