トラブル

ネズミが配管のパテを食い破り、接続箱に頻繁に“出入り”(page 3)

エネテク 第32回

2019/09/19 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 小動物や昆虫が、パテを食べてしまう例は、他の太陽光発電所でも報告されている。この発電所でも、同じように食い破られて穴が開いたようだ。

 しかし、この発電所の場合、接続箱の外側に、パテは露出していない。電線の出入口の穴は、筒状の樹脂製配管でしっかりと覆われている。

 このため、ネズミは、この配管の中に、どこかから入り込んで、配管内を走って接続箱の電線の出入口に辿り着き、ここで配管の中からパテを食い破ったとみられる。

 そうなると、ネズミはどこから樹脂製配管の中に入り込んだのだろうか。エネテクの点検担当者は、発電所の敷地内で配管が敷設されている場所を、くまなく調べてみた。

 すると、接続箱からPCSに送電する経路に使われているラックの端部に、隙間が空いていることを見つけた(図4)。この隙間から、ネズミが入り込んだようだ。

図4●ラックの端部で空いていた隙間
(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます
【エネテクによるトラブル・シューティング】
  • 記事ランキング