トラブル

「売電額が半減」、原因はメーターの故障、電力会社が補償(page 3)

エネテク 第35回

2019/10/31 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 ただし、今回の発電所では、こうした状況を考慮しても、累積発電量と売電用メーターの値の乖離の度合いが大き過ぎるレベルにまで広がってきた。−49.8%などという、とても許容できない値となっていた。

 そこで、電力会社は、売電用メーターの不良を調査した()。すると、売電用メーターが故障していた。これによる差だったことが明らかになった。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図●売電用メーターの調査時の様子
(出所:エネテク)

 電力会社は、この売電用メーターを交換して、その後のメーター起因による売電ロスを防ぐ措置を講じた。

 さらに、過去のデータに遡って、PCSの累積発電量と売電用メーターの値の差から、ロスした売電額を補償した。


【エネテクによるトラブル・シューティング】
  • 記事ランキング